メインコンテンツへ飛ぶ

芳苑郷

彰化県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 牡蠣(カキ)田
  • 王功漁港
  • 芳苑灯台

情報

所在地:
彰化県芳苑郷
経度/緯度:
120.32038/23.924354

話題タグ

芳苑郷は彰化県の西側の海沿いに位置し、その昔は「番仔挖」と呼ばれていました。牡蠣が特産で、牡蠣の養殖場があり、牛が海まで耕作しています。これにより「海と牛の文化」が形成されています。海と牛の文化は彰化県における重要な無形文化資産となっており、代表的な産物でもあります。ここの黄牛は畑を耕して海に入るほか、牛車を引っ張って海まで牡蠣を運び、牡蠣養殖業の家族を支えています。しかし近年は機動性の高い「鉄牛車」に取って代わられています。現在、台湾牛の数は多くないですが、主人がレジャー事業に転換するのに伴い、潮間帯の生態旅遊も行なわれています。

芳苑郷の潮間帯は海水と渓流の水と泥が交わっており、黒く汚れた泥が混じったビーチとなっています。このため、「黒い大地」と呼ばれています。しかミネラルが豊富であるため、魚や蝦、蟹、貝、螺類の餌となっており、非常に豊かで多元的な生態が形成されています。牡蠣採り体験の旅はで、潮汐に合わせて実施されており、引き潮の時間帯を利用して催されます。これは芳苑の生態旅行の特色の一つとなっています。

「王功漁火」はかつて彰化の八景の一つでした。王功海岸はさらに豊富な自然生態と人文景観を有しています。例えば水鳥、マングローブ、灯台などです。彰化県は現在、「芳苑湿地マングローブおよびその周辺の全体的な環境改善」を実施しており、マングローブの生態歩道を観察するのに適した体験エリアとなっています。そのほか、「王功蚵芸文化館」は廃棄された牡蠣を再利用して美しいアートを作ることに尽力しており、王功漁港は観光レジャーへと転換するのに成功しています。牡蠣工芸の重要な推進スポットとなっています。

芳苑郷の海岸は黒い泥砂と礫石が敷き詰められており、白い砂浜のような水遊びはできませんが、この黒い大地も台湾が誇る生態旅行のスポットとなっています。大勢の行楽客が体験に訪れています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
公共交通機関:
  1. 高速鉄道あるいは鉄道で「台北駅」下車、統聯客運バス1652に乗り換え、「芳苑バス停」下車。
  2. 鉄道で「彰化駅」下車、王功行きの員林客運バス6738に乗り換え、「芳苑バス停」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2021-04-26
トップ 前のページ