メインコンテンツへ飛ぶ

二林鎮

彰化県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 木棉花道(許展嘉撮影)
  • 美人樹歩道(許展嘉撮影)
  • 蕎麦の花畑(許展嘉撮影)
  • 旧二林渓サイクリング道路(楊振璋撮影)

情報

所在地:
彰化県二林鎮
経度/緯度:
120.37426/23.899804

話題タグ

二林鎮は彰化県における重要な農村で、近年は水田の一部を転作し、フルーツを植えています。葡萄やドラゴンフルーツなどで、中でも金香葡萄は酒造に用いられています。これにより二林鎮は台湾で最もワイナリーの密度が高いエリアとなっています。例えば「台湾酒窖」は広大な敷地を有し、室内展示エリアには各ワイナリーのお酒が陳列されており、お酒を試飲できるコーナーもあります。屋外には休憩できる緑地が広がっており、休日にはベストなイベントスポットとなっています。園内ではブドウ栽培をレクチャーするコーナーがあり、屋外教室や生態ガイド体験を提供しています。台湾で有名な蕎麦は毎年12月になると一面に白い花を咲かせ、収穫後は蕎麦になります。さらに紅ハトムギなどもあり、「二林の三宝」とも呼ばれています。

有名な農産物以外に、二林鎮は四季の変化に応じて異なる花畑が観られます。例えば毎年3~4月にかけては東螺渓沿岸で木棉花が満開となり、每年9月末から11月までは儒林路の美人樹が咲き、12月には蕎麦の真っ白な花が一面に広がります。大勢の行楽客が異なる花畑の景色を観に訪れます。

二林鎮は葡萄酒の賞味、花観賞だけでなく、集落には県の古跡である仁和宮があります。これは二林地区における最も古い寺廟です。また、行楽客の方は二林公学校のホールや武徳殿などの歴史建築も参観できます。行楽客の方のさまざまな感性と内面を満たすことのできるスポットです。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
公共交通機関:
  1. 高速鉄道あるいは鉄道で「台北駅」下車、西港行きの統聯客運バス1630に乗り換え、「二林バス停」下車。
  2. 高速鉄道あるいは鉄道で「台中駅」下車、員林客運バスに乗り換え、「二林バス停」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2021-04-26
トップ 前のページ