メインコンテンツへ飛ぶ

関渡碼頭(関渡埠頭)

台北市旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 関渡埠頭の日暮れ
  • 関渡埠頭
  • 関渡埠頭の夜景

関渡は元々、甘豆門と呼ばれていました。観音山と大屯山を背にして淡水河に面していたため、要衝の港となりました。初期には開拓民が関渡碼頭から台湾北部に入り、土地を開墾したため、関渡の発展は非常に早く、基隆河と淡水河の2つの河口に土砂が堆積したため、水運は次第に衰退していきました。

関渡碼頭は関渡自然公園と関渡宮に隣接しており、休日や夜には碼頭の周辺を散策したり、休憩したりする観光客の姿でにぎわいます。また、サイクリングで八里から関渡大橋を渡ってやって来たり、淡水から来るサイクリストも多く見られます。途中の風景も美しく、景色を楽しむには最高の場所となっています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道1号→台北インターチェンジで降りる→省道台2乙線→知行路

公共交通機関:

高速鉄道あるいは鉄道で「台北駅」下車、台北MRTに乗り換え、「関渡駅」下車。また、台北市バス紅35、小23に乗り換え、「関渡碼頭バス停」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2021-03-26
トップ 前のページ