メインコンテンツへ飛ぶ

大渓橋

桃園市旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 大渓橋の夜景
  • 大渓橋を眺める
  • 空から大溪橋を眺める
  • 大渓橋アーチ
  • 大渓橋

大漢渓に架かる大渓橋は中正公園の下に位置し、大漢渓左岸と自転車道路が繋がっており、歩行者と自転車が利用できるようになっています。夜になると、ケーブルのライトが点灯するように設計されており、大漢渓の河岸が美しくライトアップされます。また、橋自体は大漢渓老街を模したバロック風様式であり、大漢渓瑞安路一段と大漢渓老街とに繋がっています。週末を利用して美食や文化を楽しむミニトリップへお越しください。

1934年に架けられた大渓橋は、竹籠と石を積み上げて作られた木の橋で、大渓の住民にとっては外部と繋がる重要な道路であり、同時に川の東西の住民を繋ぐ役割を果たしていました。その後、日本統治時代に全長280メートルの鋼製ケーブル吊り橋に改造され、現在の姿になっています。武陵橋と第二外環道の開通に伴い、大渓橋は次第に交通運輸の重要性を失っていきました。その後、台風の被害を受け、2度にわたってリニューアル工事され、さらに「コミュニティの建造」というコンセプトのもと、美化再建されることになりました。区役所と公路局の計画のもと、2001年に工事が開始され、橋脚13本、全長330メートルの鉄筋コンクリート橋に生まれ変わりました。改修後の大溪橋の外観は、日本統治時代当時の吊り橋を模しており、橋の入り口はレトロなアーチがあり、半円状の花模様が彫られた屋根もあり、まるでお城のような壮大な雰囲気に包まれています。バロック様式のアーチをくぐった後は、赤いタイルが敷き詰められた橋のデッキを歩き、大渓の古い街並みに似たバロック様式の橋を楽しみましょう。灰白色の彫刻は古い街並みに映え、古典的で優雅な雰囲気となっています。歩き疲れた際には橋の上のベンチで休みましょう。橋の上のレクリエーション施設であるだけでなく、橋の上からの眺めも大渓の代表的な風景の一つとなっています。ここからは石門ダムや淡水の観音山など美しい景色を遠くに眺めることができます。また橋の両側には武陵橋と崁津大橋があり、渓谷と岩と遠くに見える橋梁が織りなす景色を眺められます。そよ風に吹かれながら「崁津帰帆」と呼ばれた百年前の盛況な様子を思い浮かべることができます。

夕暮れ時にここを訪れたなら、慌てて帰らずに夕日の絶景を眺めてください。 夜にはライトアップされてエキゾチックな雰囲気に包まれます。「恋人の橋」という別名を持つ大渓橋は違った表情を見せてくれます。休日には大道芸人もここでパフォーマンスを披露し、大渓橋のたもとでは「愛情のコマ」と呼ばれるパフォーマンスが見られます。これはコマを指示通りに回転することで愛が深まると言われ、カップルの愛の誓いの証となっています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:
  1. 国道1号→平鎮ジャンクションで降りる→省道台66線→大渓端インターチェンジで降りる→市道112甲線→省道台3線→省道台7線→中正路→普濟路
  2. 国道3号→大渓インターチェンジで降りる→市道112甲線→省道台3線→省道台7線→中正路→普濟路
公共交通機関:
  1. 高速鉄道で「桃園駅」下車、台湾トリップ(台湾好行)501大渓快線シャトルバスに乗り換え、「大渓バス停」下車。
  2. 鉄道で「桃園駅」あるいは「中壢駅」下車、桃園客運バスに乗り換え、「大渓バス停」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2021-07-20
トップ 前のページ