メインコンテンツへ飛ぶ

猫鼻頭

屏東県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 猫鼻頭
  • 海岸の風景
  • 猫鼻頭の景色
  • 猫鼻頭公園ビジターセンター

情報

電話番号:
+886-8-8867527
所在地:
屏東県恒春鎮
経度/緯度:
120.73796/21.922066
リンク:
猫鼻頭_観光関連リンク

話題タグ

猫鼻頭は恒春半島南東部の岬に位置し、台湾海峡とバシー海峡が交差する地点にあります。砂浜から約3.5キロの距離に位置し、典型的な珊瑚礁海岸の侵食地形で、空から眺めるとプリーツスカートのように見えることから「裙礁海岸」と呼ばれています。鵝鑾鼻と並び、台湾最南端の両端を形成しています。

長年にわたり波浪浸食や乾燥と湿潤の気候の繰り返し、塩や砂の結晶化などが行なわれてきたため、崩崖、洞窟、岩礁柱、層間洞窟などの奇景が生み出されました。地形学的にも教育、研究価値が高く、海や岩石を見るのに適した場所となっています。「猫鼻頭」 いう名前は岩場の横にあるサンゴ礁が「しゃがんでいる猫」のように見えることにちなんでいます。

海藻の種類は非常に豊富で、冬は藻類の繁殖に適した時期です。海岸沿いのあちらこちらに繁茂した様々な種類の藻類が波に揺れる姿が見られます。透き通った青い海と色とりどりの熱帯魚、荒々しいサンゴの岩礁が相まって美しい景観を作り出しています。

猫鼻頭から後壁湖に向かう途中には「雷打岩」と呼ばれる巨大な崩落岩があり、近くの小さなビーチは貝殻採集にうってつけの場所で、また世界レベルの奇岩地形を見ることができます。猫鼻頭と後壁湖との間の海域は、墾丁国家公園の特別景観区に指定されています。

海の水は青く澄み、海面下には美しい景観が広がり、海底を覆う様々な石サンゴやソフトコーラルが海底を覆い、熱帯魚やアナゴ、エビ、貝類、海藻類など多種多様な海洋生物が生息しており、台湾沿岸部で最も数が多いと言っても過言ではなく、世界でも他に類を見ません。

近くにある後壁湖は墾丁国家公園最大の漁港で、四季折々に異なる魚が獲れます。夕暮れ時には地元の人や観光客がこぞって海産物を求める姿が見られ、とても賑やかです。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道3号→南州インターチェンジで降り→省道台1線→省道台26線→車城浜海景観公路→郷道屏153線→郷道屏161線

公共交通機関:

高速鉄道で「左営駅」下車、台湾トリップ(台湾好行)9189墾丁快線シャトルバスに乗り換え、「恒春バスステーション」下車。また、墾丁シャトルバス102藍線に乗り換え、「猫鼻頭バス停」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2021-08-23
トップ 前のページ