メインコンテンツへ飛ぶ

捎来歩道

台中市バリアフリー旅
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 捎来歩道の入り口はオーベアのインスタレーションがあります。
  • オーベアの道標が步道へ案内します。
  • 捎来吊り橋に通行人数を制限するシステムを設置しています
  • 大甲渓の美しさ

情報

電話番号:
+886-4-25951496(谷関ビジターセンター)
所在地:
台中市和平區捎来歩道
経度/緯度:
121.01327/24.206559
リンク:
捎来歩道_観光関連リンク

バリアフリートイレ:1

話題タグ

台中市和平区の谷関捎来歩道は、地元部落の頭目の名から付けられました。全長約1,500メートルの歩道は、山頂の展望台へと続いています。山なみに沿って整備されているため、歩道は急な坂になっており、険しく切り立っているエリアもあります。ご自身の体力を十分に考慮された上でお越し下さい。

歩道沿いには緑が生い茂り、谷関の美しい景観を楽しめますが、地層が脆くなっている部分や、崩れている箇所もありますので、十分ご注意下さい。鉄条網で固定されてはいますが、当該エリアはできるだけ迅速に通過してください。途中には眺めの良い休憩場所が2か所あります。なお、歩道は年間を通して開放されており、春には桜が咲き誇り、秋には紅く色づく紅葉が楽しめます。

終点の展望台では、復路のきつい下り坂に備えてしばし休憩を。展望台は、「波津加山歩道」へ繋がっていますが、こちらはさらに険しく歩きにくい道で、往復には最低でも7時間を要する遊歩道ですのでご注意下さい。

歩道には、谷関吊り橋と捎来吊り橋につながる2つの登山道があり、吊り橋から壮麗な大甲渓谷を望めます。谷関吊り橋は谷関大橋へ、そして捎来吊り橋は谷関温泉公園へとつながっています。谷関温泉公園では、無料の足湯で疲れた足を休めることも。足湯は必ず足を洗ってからご利用下さい。足湯に10分ほどつかり、皮膚を柔らかくした後には、ドクターフィッシュが泳ぐ足湯につかるのもおすすめ。魚たちがびっくりしないよう、ゆっくりと足をつけてください。足湯わきには、観光情報を提供したり、温泉をテーマにした案内がある谷関ビジターセンターがあります。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

営業時間

08:30-17:30

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

※ 中部横貫公路(谷関-徳基)は、921地震の災害のため、長期にわたり通行止めとなっています。

国道1号→台中システムインターチェンジで降りる→国道4号→豊原端インターチェンジで降りる→省道台3線→省道台8線

公共交通機関:
  1. 高速鉄道で「台中駅」下車、豊原客運バス153に乗り換え、「谷関バス停」下車。
  2. 鉄道で「豊原駅」下車、豊原客運バス207に乗り換え、「谷関バス停」下車。

バリアフリー交通情報

公共交通機関:

  1. 高速鉄道で「台中駅」下車、豊原客運バス153(一部はノンステップバス)に乗り換え、「谷関バス停」下車。
  2. 鉄道で「豊原駅」下車、豊原客運バス207(一部はノンステップバス)に乗り換え、「谷関バス停」下車。

  • 車いす対応トイレの外観

    車いす対応トイレの外観

  • 車いす対応トイレの内部

    車いす対応トイレの内部

  • 捎来歩道

    捎来歩道

周辺情報

最終更新日時: 2021-06-01
トップ 前のページ