メインコンテンツへ飛ぶ

東吉嶼灯台

澎湖県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 東吉嶼灯台

情報

所在地:
澎湖県望安鄉東吉嶼
経度/緯度:
119.66942/23.26133

話題タグ

1911(明治44)年に建造された東吉嶼灯台は、澎湖県東吉嶼の北端の頂きに建っており。台湾海峡を航行する船舶の重要な指標となっています。元は鉄製の円形灯台でしたが、1938(昭和13)年に鉄筋コンクリートの円筒灯台となりました。外は白黒の横縞模様で、塔の高さは24.4メートル。日本人が澎湖群島に建てた二番目の灯台です。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
公共交通機関:

飛行機あるいは船で馬公へ。

最終更新日時: 2019-03-14

周辺情報

トップ 前のページ