メインコンテンツへ飛ぶ

深坑老街

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

四方を山に囲まれ、あたかも坑(あな)の底のような地形であったことから、「深坑」の名が付けられました。昔は台北と宜蘭との間を行き来する時には必ず通る場所で、付近の茶葉や染料の集散地であったため、深坑の街が形成されました。街の入り口には大きなアカギ(茄冬)の木があり、街の目印となっています。深坑は豆腐料理が有名で大勢の行楽客が訪れます。紅焼豆腐(醤油で煮込んだ豆腐)や黒豆腐、炭焼臭豆腐など各種豆腐料理を味わえます。また、タケノコや黒ブタ肉、白豆腐、文山包種茶は深坑の「四宝」と呼ばれ、これらを使った料理を「四宝餐」として提供しています。深坑はグルメの街としてその名を轟かせています。

深坑はお茶で有名な猫空の近くにあり、豆腐がおいしいことで有名です。「深坑街」にはいろいろなおいしいものがあります。食べ歩きもよし、ゆっくり腰を落ち着けて舌鼓を打つのもよし、自分流の楽しみ方ができます。

はじめて深坑豆腐を食べると、少し焦げたようなにおいに気づくかもしれません。これは、その昔、豆腐を作る際、豆乳とおからを一緒に煮たため、「鍋にくっつき」、底に沈んだものが少し焦げたためだと言われています。でも、それだけ、「濃い」豆腐だとも言えるのです。

ここのメニューは、どこの店もほぼ似たものですが、店によって独自の味を出しています。それほど長くない通りですが、全部の豆腐料理を網羅するには時間がかかりそうです。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-2-26623116
所在地:
新北市深坑区深坑街
経度/緯度:
121.614169/25.001435
リンク:
深坑老街 観光関連リンク
自家用車:

国道3号線を木柵ICで下り、国道3甲線、県道106乙号線(文山路三段)と進み、天龍橋を越えて左折。さらに白鷺橋を右折し、県道106号線(北深路三段)から新光橋を越えると深坑に到着。

公共交通機関:

1. 台北駅から台北客運バスの平渓行きに乗り、「永定国小」バス停で下車。
2. MRTで「木柵駅」下車、795番のバスに乗り換えて、「深坑」バスで停下車、徒歩約10分。