メインコンテンツへ飛ぶ

太平雲梯

嘉義県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 空から太平雲梯を眺める
  • 太平雲梯
  • 太平雲梯の入口
  • 太平雲梯の夕日
  • 太平雲梯の夜景
  • 太平雲梯と梅山36弯
  • 太平雲梯の光

太平雲梯は単一の景観吊り橋です。太平山と亀山の間を跨る橋で、長さは281メートル、海拔約1000メートルです。台湾最高海抜の景観つり橋です。雲梯上からは嘉義の風景のほか、夕陽、夜霞、雲海などの自然景観が眺められます。有名な梅山36弯の美しい景色を眼下に収められます。視界が良好なので、遠くには嘉南平原から台湾海峡までを眺められます。夜になると、さらに素晴らしいライトショーが見られます。赤色、オレンジ、黄色、緑、青、藍、紫などの光レーザーによるパフォーマンスです。雲梯のライトのパフォーマンスは7日間で一回りし、月曜日は赤色、火曜日はオレンジと毎日一色となっています。夜6時から10時まで毎時0分に虹の色がゆっくりと変化します。夜が更ければ更けるほど美しくなります。

画像版権:黃源明先生

営業時間

平日9:00-16:30、休日9:00-17:30、水曜日は休み
※予約制を採用

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道3号→梅山インターチェンジで降りる→県道162線→省道台3線→玄廟路→県道162甲線

公共交通機関:

鉄道で「嘉義駅」下車、嘉義県バス7304、7315、7323に乗り換え、「梅山バス停」下車。また、太平線バス107に乗り換え、「太平雲梯バス停」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2021-06-25
トップ 前のページ