メインコンテンツへ飛ぶ

角板山公園

桃園市旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 角板山公園
  • 角板山
  • 角板山行館

情報

電話番号:
+886-3-394-6061(桃園県政府風景区管理所)
所在地:
桃園市復興区中正路
経度/緯度:
121.35106/24.817978

話題タグ

角板山公園はまたの名を「復興公園」といい、角板山の西南にあります。敷地面積は極めて広大で、秋が深まると園内の十数本の高く大きなタイワンバフウ(モミジバフウ)が見事に紅葉して、訪れる人々の足を止めています。またほかに松の巨樹がいくつもそびえ、梅の樹も多く見られます。開花シーズンには、園内は鮮やかなピンク色の花が満開になり、訪れる行楽客を魅了します。また園内には蒋介石夫妻が植樹した二本のガジュマル(榕樹)の樹が手を携えるようにそびえています。

2003年、角板山に芸術的ムードを添えるため、呉炫三ら世界の芸術の巨匠12名が桃園市政府に招待され、園内にて創作パブリックアートが制作されました。こうして台湾最初の世界的レベルの彫刻公園とパブリックアート教育パークが誕生しました。園内の彫刻作品は創意工夫にあふれ、また地元の景観にもなじみ、また角板山はそれによって観光地としての注目度をより増すようになりました。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

1. 国道1號→平鎮システムインターチェンジ→省道台66線→大渓インターチェンジで降りる→県道112甲線→省道台3線→省道台4線→省道台7線→中正路
2. 国道3號→大渓インターチェンジで降りる→県道112甲線→省道台3線→省道台4線→省道台7線→中正路

公共交通機関:

鉄道で「桃園駅」あるいは「中壢駅」下車、大渓行きの桃園客運バスに乗り換え、「大渓バス停」下車。また、復興行きの桃園客運バスに乗り換え、「角板山公園バス停」下車。

最終更新日時: 2019-03-12

周辺情報

トップ 前のページ