メインコンテンツへ飛ぶ

参山国家風景区-松柏嶺ビジターセンター

南投県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 八卦山の大仏を眺める
  • 八卦山の大仏
  • 八卦山風景区
  • 松柏嶺ツーリストセンターの茶炒めの活動
  • 天空の橋の風景
  • 天空の橋
  • 大仏

台湾の中部は景色が美しく、気候も穏やかな土地柄で、風俗や文化、産業が発展しています。交通面では旅行しやすいようにネットワークが構築され、昔から観光の名所として親しまれてきました。獅頭山、八卦山、梨山はとくに有名な観光スポットです。

八卦山レジャーコース
総面積2万2000ヘクタールです。ネーチャーウォッチング、レジャー産業、サイクリング、キャンプ、トレッキング、文化古跡めぐりなどが楽しめるところです。メインテーマは「知的、レクレーション、自然、産業」です。八卦山、百果山、松柏嶺の3エリアから構成されます。

八卦山風景区の範囲は、北方の大肚渓南岸から南方の濁水渓北岸まで、東方の台中盆地と隣り合って、西方の彰化平原に臨んで、面積およそ22,000ヘクタール、彰化県と南投県を含んで、共に10の郷・鎮・市があります。空間の分布、資源の特性と交通の連絡など要素に従って、八卦山、百果山、松柏嶺の三大遊楽システムに分かって、娯楽と見学がある「八卦山風景区の旅」をすすめます。

獅頭山レジャーコース
総面積2万4221ヘクタールです。このコースでは客家文化、山岳、湖、ダム、産業観光、宗教観光、ネーチャーウォッチング、トレッキングなどが楽しめるところです。メインテーマは「郷土、宗教、文化、ウォーキング」です。北埔、南庄、五指山の3エリアから構成されます。

梨山レジャーコース
総面積3万1300ヘクタールです。山岳、地質、地形、原住民文化、温泉、高山農業、ネーチャーウォッチングなどが楽しめるところです。メインテーマは「生態、登山、避暑、温泉」です。谷関、梨山、思源唖口の3エリアから構成されます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道3号→名間インターチェンジで降りる→省道台3線→県道139乙線

公共交通機関:

鉄道で「彰化駅」下車、南投行きの彰化客運バスに乗り換え、「南投バス停」下車。また、赤水行きの彰化客運バスに乗り換え、「松柏嶺バス停」下車。

最終更新日時: 2019-03-11

周辺情報

トップ 前のページ