メインコンテンツへ飛ぶ

鹿谷郷農協の茶業文化館

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

鹿谷小半天地区の農家の多くは、以前、孟宗竹を栽培していましたが、その後、お茶の木を導入しました。あちこちで茶園と竹林の濃淡のある緑が交錯し、竹の里の風情が魅力的です。地元の異業種交流協会と鹿谷小半天商店街が協力し、茶園、製茶工場、レストラン、民宿などを統合し、完備された特色ある観光ルートが整備されており、観光客が、この風光明媚な山の美しさを再認識できるようになっています。ロータリークラブ、ハイテク企業、外国人、駐華使節、政府機関、報道機関の記などの30カ国以上、100団体近くが、生活体験の旅に実際に参加したことがあり、最高の評価を与えています。この質の高いコミュニティを、皆さんにもご推薦します!

鹿谷を訪れた際には、鹿谷郷農協の茶業文化館を是非訪れてください。1996年10月に落成し、約200坪の敷地があります。敷地内は、雲や霧がかかり、緑の峰に囲まれ、3階建ての伝統的な中国の宮廷式建築があります。朱の柱や反り返った屋根の外観の建物中は、お茶の香りで溢れ、長旅の疲れをいやすのにぴったりです。1階は鹿谷郷農産品展示センターと売店で、2階では、様々な形で茶芸を楽しむことができ、3階には、田園ギャラリーがあります。お茶を味わいながら、一休みし、安心してお茶を試すことができます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-49-275-1007
所在地:
南投県鹿谷郷鹿谷村中正路一段231号
経度/緯度:
120.756623/23.741637
自家用車:

国道3号→竹山インターチェンジで降りる→省道台3線→県道151線

公共交通機関:

鉄道で「台中駅」下車、嘉義行きの員林客運バスに乗り換え、「竹山バス停」下車。また、渓頭行きの員林客運バスに乗り換え、「鹿谷バス停」下車。