メインコンテンツへ飛ぶ

八里ヨットハーバー

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

「八里ヨットハーバー」は、新北市八里区の左岸会館の脇にあります。国内初のヨットハーバーとして、2005年9月25日にオープンしました。敷地面積は約2300坪で、将来は、左岸会館、メヒルギ公園、十三行博物館と一体化し、文化的風情に溢れた「八里左岸文化ゾーン」を形成する予定です。

このエリアは、国内で初めて、ヨット専用に造られた河岸の埠頭で、ヨットを練習する選手たちの最適な訓練の場として、地方の特色があります。新北市だけでなく、台湾全体のマリンスポーツを盛んにし、地方の新しい特色を創り上げていきます。

新北市庁では、「聴覚障害者屋外画家協会」の国内の有名な芸術家たちを特別に招き、「光、風、海、力」をテーマに、共同でヨットの大型ランドスケープアートを6つ作成しました。6つの大型ランドスケープ装飾芸術によって、公益の精神を表現し、八里ヨットハーバーの特色とすることを願っています。また、「風」のテーマを表現するため、埠頭の岸辺に沿って、ヨットのデザインに合わせた芸術風車があり、埠頭全体を、「風の芸術」に溢れた新しいスポットにしています。訪れる方は、美しい景色の中での記念撮影をお忘れなく。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-2-26102621
所在地:
新北市八里区観海大道36号
経度/緯度:
121.422758/25.163736
リンク:
八里ヨットハーバー 観光関連リンク
自家用車:

国道1号→五股インターチェンジで降りる→県道107甲線→省道台64線→省道台15線

公共交通機関:

高速鉄道あるいは鉄道で「台北駅」下車、MRTに乗り換え、「関渡駅」下車。また、市バスの紅22番に乗り換え、「渡船頭バス停」下車。