メインコンテンツへ飛ぶ

飛牛牧場

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

1975年、政府の指導によりアメリカで酪農の訓練を終了して帰国した大志あふれる青年たちによって生まれた「中部青年酪農村」-苗栗県通霄鎮南和里の保安林地帯のそばの、九層窩と呼ばれる山の斜面一帯を開墾して作られました。のち台湾全域の専業乳牛飼育模範エリアとされ、これが現在の飛牛牧場の前身となりました。牧場からは火炎山と呼ばれる丘陵地が望め、高く登ればかすかに望める台湾海峡、また後ろはその昔塩を運搬するために敷かれた歩道があります。1985年「中部青年酪農村」は、レジャー目的のための牧場に転身し、日本とアメリカの牧場風景デザインを融合させ、今日の飛牛牧場の誕生と至りました。牧場のメインポイントは乳牛と蝶です。当牧場のトレードマークは「飛」と「牛」の二つの字を組み合わせたデザインで、さらに天空と草原そしてミルクの色を合わせて仕上がりました。1995年より正式にオープンし、のどかな憩いの場所を提供し続けています。

飛牛牧場は牛の排泄物を利用して土壌改良をしています。またその広大な土地を利用して有機野菜を栽培しています。3ヘクタールに及ぶ有機園アリアでは、汚染のない水と空気の好条件のもと、一般家庭で使われる野菜やハーブを栽培し、園内のレストランに提供されています。農場では専門家による乳牛の飼育監理が施されており、見学する人々を楽しませてくれます。牧場内には蝶園、草原アクティビティーエリア、有機農園エリア、子供の遊び場、牧場エリアがあります。牧場エリアでは酪農体験が楽しめ、乳牛に関する知識を高めることができ、また自ら乳絞りが体験できます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-37-782999
所在地:
苗栗県通霄鎮南和里166号
経度/緯度:
120.739875/24.442032
リンク:
飛牛牧場 観光関連リンク
自家用車:

国道3号→通霄インターチェンジで降りる→県道128線→省道台1線→県道121線

公共交通機関:

鉄道で「通霄駅」下車、大坑尾行きの苗栗客運バスに乗り換え、「崎下バス停」下車。