メインコンテンツへ飛ぶ
menu 検索

玉山国家公園-南安旅客サービスセンター

花蓮県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 玉山国家公園の雪景色
  • 玉山国家公園
  • 山風一号吊り橋

玉山は、標高3,952メートルで、東北アジアの最高峰であるとともに、台湾本島・中央山脈の盟主として君臨しています。冬には、雪が降り、氷に包まれます。その白き輝きから、この名があります。秀姑巒山から玉山群峰に至るまで三千級の峰々が連なり、台湾の屋根を形成しています。

この一帯は、台湾でもっとも古い地層構造をもち、切り立った断崖と深い渓谷が見事な景観を造り出しています。針葉樹から広葉樹へと広がる広大な樹林帯は、野生動物の宝庫となっており、それはそのまま生きた自然教室となっています。一方、清代に登山路として切り開かれた八通関古道などの遺跡もあります。1985年に、中華民国の国家公園に指定され、玉山を中心に南投、嘉義、花蓮、高雄の四県にまたがる、105,490ヘクタールに及ぶ生態保護区として設定されました。

玉山観光は、頂上を目指す登山以外にも、壮大な山岳景観が楽しめる新中部横断道路や南部横断道路のドライブもお薦めです。

注意事項

※ 行く前に玉山国家公園管理処の公告と登山ルート開放状況をご参考ください。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道5号→蘇澳インターチェンジで降りる→台9線→台18線

公共交通機関:
  1. 鉄道で「玉里駅」下車、レンタカーあるいはタクシーで。
  2. 鉄道で「花蓮駅」下車、花蓮客運バス(花蓮新駅―玉里)に乗り換え、「玉里バス停」下車。

周辺情報

最終更新日時: 2020-05-25
トップ 前のページ