メインコンテンツへ飛ぶ

塩水武廟

台南市古跡・寺院
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 塩水武廟の祭りの花火
  • 塩水武廟
  • 塩水蜂炮

情報

電話番号:
+886-6-652-1264
所在地:
台南市塩水区武廟路87号
経度/緯度:
120.26578/23.323834
リンク:
塩水武廟_観光関連リンク

話題タグ

塩水烽砲
北の天灯、南の蜂炮は、元宵節(小正月)の重要な行事になっています。蜂炮の攻撃を受けると、厄を払うことができると言い習わされているので、毎年、塩水蜂炮には、数万人の人々が参加し、海外の報道機関や観光客も押し寄せてくるほどです。

毎年旧暦1月14日、15日は、塩水の人々が最も誇りにする元宵放烽炮の日です。神輿の行く先々で、町民が爆竹を鳴らし、各種のロケット花火をあげ、爆竹の煙や雷のような音の中、空にはロケット花火が飛び交う様子は美しく、壮観です。塩水区の通り全体が爆竹の紙で覆われ、アスファルトの路面はほとんど見えなくなります。観光客も外国や台湾各地から訪れ、小正月の夜の賑わい、緊張感、刺激を楽しんでいます。

塩水武廟
「関帝廟創」とも呼ばれます、永暦年間に建てられ、嘉慶4年(1799年)に鹿港の林文濬が台湾府城に召還された時、関帝聖君に無事に守ってもらったことに感謝し、出資して改造し、この規模になりました。

この放烽炮の習俗は、武廟と深い関係があるといわれています。清の光緒年間に、塩水地区で疫病が発生し、死者が多く出て、住民は恐れおののきました。すがるように神や仏に祈り、当地で最も信仰の盛んな関聖帝君に平安無事を請うと、関聖帝君が姿を現し、小正月の夜に周倉爺を先頭に、関聖帝君殿を後ろにして進むよう指示しました。信者は神輿の後に続き、一路爆竹を鳴らしながら、通りや路地を練り歩き、夜が明けてから神輿は廟に戻りました。この後、塩水地区は落ち着きを取り戻し、人々関聖帝君の力に感謝し、毎年、元宵節になると、爆竹で疫病を払うようになりました。今では、毎年旧暦1月14日、15日の蜂炮として、地元の年に一度の盛大な行事となっています。武廟は、この民俗芸術活動を確立した主催者であり、塩水の歴史に輝かしい1ページを残しました。

住民は、小正月の当日、花火に多く攻撃されるほど、その年の運勢はよくなると信じています。ヘルメット、マスク、ゴーグル、雨合羽、ゴム長靴などの標準装備に身を固め、毎年、小正月になると塩水武廟に出かけ、この蜂炮のカーニバルを楽しんでいます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道1号→新営インターチェンジで降りる→県道172線→信義路→文武街→武廟路

公共交通機関:

鉄道で「新営駅」下車、「苓子寮、双春、布袋港、朴子、好美里」行きの新営客運バスに乗り換え、「塩水バス停」下車。

最終更新日時: 2019-03-14

周辺情報

トップ 前のページ