メインコンテンツへ飛ぶ

草山月世界

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

台南市左鎮区の草山月世界は、砂岩と頁岩で構成された、青灰岩の地形です。高雄市の内門、田寮、燕巣区の泥岩の荒野と一体化して、チョーク地形と呼ばれています。チョークは、高アルカリ性で、草木が生えにくく、乾燥すると岩のように硬くなり、雨が降るとぼろぼろと泥になります。雨水の浸食を受け、渓谷が削られ、曲がりくねった深い谷と岸壁の特殊な地形が造り出されました。この「バッドランド」とよばれる荒れた土地には、生命力の強い草木以外は育ちにくいため、遠くを見渡しても、見られるのはホウライチクや雑草ばかりで、それ以外は禿げ上がっており、月世界のような地形になっています。

岡林里から草山月世界までは、沿路、角のとげとげしい特殊な地形や、青々としたホウライチクの景観が見られます。季節や時刻の変化に伴い、草山月世界には、様々な風貌が現れます。さわやかな朝には、海抜308メートルの高台から、日の出や層をなした雲の変化を眺めることができ、冬になると、ホウライチクが次第に黄色く枯れ、翌年の春には再び赤くなります。毎年3〜4月が、ホウライチクの色の変化を観賞するのに最適な時期です。

月世界の広々とした景観は、連なった山々のようで、夕日や夜景を楽しむのにぴったりです。峰の重なったチョークの山や果てしなく広がる月世界の地形は、左鎮の特殊な景観です。車を降りて遠くを眺めると、目の前に緑の平原の田野が広がり、月から地球を眺めているような錯覚に陥ります。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-6-635-3226
所在地:
台南市左鎮区草山里
経度/緯度:
120.42998/23.00711
リンク:
草山月世界 観光関連リンク
自家用車:

1. 国道1号→永康インターチェンジで降りる→省道台1線→県道177線→省道台20線→左鎮→省道台20乙線→郷道南169線
2. 国道3号→新化システムインターチェンジ→国道8号→新化端インターチェンジで降りる→省道台20線→左鎮→省道台20乙線→郷道南169線
3. 国道3号→関廟インターチェンジで降りる→省道台19甲線→関廟→県道182線→郷道南169線

公共交通機関:

鉄道で「台南駅」下車、岡林行きの興南客運バスに乗り換え、「岡林バス停」下車。

おすすめのコース