メインコンテンツへ飛ぶ

参山国家風景区-南庄ビジターセンター

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

清光緒から開発する後、獅頭山と五指山の岩窟形なお寺はとても有名で、台湾の12景勝地に並びます。この風景区は新竹県の北埔郷、峨眉郷、竹東鎮および苗栗県の三湾郷、南庄郷を含んで、面積は24,221ヘクタール有り、台3号省道システムと雪山国家公園システムの間にはさまりました。自然、人文資源は豊かで、お寺、史跡、冷泉、湖、山林の生態、客家、泰雅族(タイヤル族)、賽夏族(サイシャット族)の原住民文化などを集まりました。参山国家風景区の管理所は民国90年創立から、すぐ「本土は、知性、生態、永続」のテーマを主軸に対して発展して、「人文史跡巡り、客家の文化、賽夏の伝奇、渓流の生態の観光、昆虫の故郷、鉱業の観光、精致な産業の観光、上品な地元の休暇を過ごす」などテ-マを推進して、当景勝地の多元化の観光資源をつながります。

 

 

 

 

 

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-37-824570
所在地:
苗栗県南庄郷東村大同路43号
経度/緯度:
120.999226/24.598146
リンク:
参山国家風景区-南庄ビジターセンター 観光関連リンク
自家用車:

国道1号→頭份インターチェンジで降りる→県道124甲線→県道124線

公共交通機関:

鉄道で「竹南駅」下車、南庄行きの苗栗客運バスに乗り換え、「南庄バス停」下車。