メインコンテンツへ飛ぶ

特有生物研究保育センター

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

台湾の自然生態を探る旅、ここからスタートします。では、この美しい島―台湾がはぐくんでいる自然資源について、どれほど知っておられるでしょうか。南投県集集鎮の保育教育館にお出になると、台湾の「自然生態の保育」への認識が、さらに深まります。

保育教育館に入ると、一本のガジュマルの老木が目に入り、昔の思い出にひたらせてくれます。この木影で人々は集まり、語り合った。巨木はたわわに実り、多くの鳥や蝉、とかげ、リス、昆虫などを集めた「生物の島」となり「空気清浄機」の役割も果たしました。

このほか館内には、台湾本土の生態の生物を中心に、高、中、低の海板二分類した生態系、特有の動植物、環境、生物、人、自然保育や植物の秘密、動物奇観などをテーマとした陳列があります。これらのテーマをいっそう理解するために、コンピューターゲームを利用することもできます。台湾のさまざまな生体や環境を当館に導入することによって、短い時間内に生物や生態、環境の実体を知ることができます。

さらに戸外には、3.5ヘクタールの生態教育園区、蝶の生態圏があり、歩く途中、花や鳥、虫、動物たちは、目を楽しませてくれます。教育館にお出になって、台湾の自然生態の美しさを味わっていただきたいと願っております。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-49-2761331
所在地:
南投県集集鎮民生東路1号
経度/緯度:
120.801495/23.828671
自家用車:

国道1号→彰化システムインターチェンジ→国道3号→名間インターチェンジで降りる→省道台3線→省道台16線→郷道投27線

公共交通機関:

1. 高速鉄道で「台中駅」下車、南投行きの統聯客運バスに乗り換え、「南投バス停」下車。さらに、水里行きの総達客運バスに乗り換え、「生物センターバス停」下車。
2. 鉄道で「二水駅」下車。さらに、鉄道集集支線に乗り換え、「集集駅」下車。タクシーで(投27県道)を約1.8キロ進めば到着。
3. 鉄道で「台中駅」下車。さらに、水里行きの総達客運バスに乗り換え、「生物センターバス停」下車。