メインコンテンツへ飛ぶ

日月潭慈恩塔

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

玄奘寺から日月潭方向に約600メートル、斜めに入る坂道から駐車場を通って森林を500メートルほど行くと慈恩塔があります。これは1971年、蒋介石総統が自らの母に対する感謝の気持ちを表して建てたもので、同時に国民にも孝行の大切さを示したものです。慈恩塔は海抜954メートルの沙巴蘭山の上に立つ高さ46メートルの塔です。最上部がちょうど海抜1,000メートルにあたり、日月潭のランドマークになっています。一方で、建設時は建材の運搬などたいへん苦労したこともうかがえます。

慈恩塔、玄奘寺、日月潭に浮かぶ拉魯島は一直線上に並んでおり、しばしば湖の水を飲む龍に例えられます。つまり、拉魯島が龍の口、玄奘寺が龍の頭、慈恩塔が龍の心臓に位置するというわけです。慈恩塔の入口には蒋介石総統の言葉、「慈恩塔」の三文字が書かれた額がかかっています。そして、塔内には建設以来かけられている銅鐸もあります。また、塔の前には宮殿式建物があり、中に蒋介石の母の霊が奉られています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-49-2855668
所在地:
南投県魚池郷中興路136号
経度/緯度:
120.920393/23.842364
リンク:
日月潭慈恩塔 観光関連リンク
自家用車:

国道1号→南屯インターチェンジで降りる→県道136線→省道台74線→快官インターチェンジで降りる→国道3号→霧峰システムインターチェンジ→国道6号→愛蘭インターチェンジで降りる→省道台14線→省道台21線

公共交通機関:

1. 高速鉄道で「台中駅」下車、日月潭行きの南投客運バスに乗り換え、「日月潭バス停」下車。
2. 鉄道で「台北駅」下車、日月潭行きの国光客運バスに乗り換え、「日月潭バス停」下車。
3. 鉄道で「台中駅」下車、日月潭行きの仁友客運バスに乗り換え、「日月潭バス停」下車。