メインコンテンツへ飛ぶ

草嶺風景区

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

雲林県古坑郷東の盆地に位置する草嶺(旧名は番坪坑) は阿里山、渓頭、瑞里など風区の中枢部です。1941年の大地震で草嶺本庄西北の崛沓山が真っ二つに割れ、一夜にして多くの奇景を有する観光スポットに姿を変えました。

勇気のある方はここにある傾斜40度、幅70メートル、高さ150メートルの絶壁で、スリル満点のロッククライミングに挑戦してみてください。断崖春秋と断塊谷も大地震によって出来た景観です。断崖春秋はナイフで切ったような断面が約1キロにわたって続く断崖で、断塊谷は断崖春秋の下の200メートルにある幅30メートル、深さ40メートルの峡谷です。断塊谷を形成する岩壁で、北側のものには三つの滝が見られます。

このほか、草嶺の主要水源になっている蓬莱滝、泉の浸食によって出来た青蛙石と蜂巣岩、面積2ヘクタールの1枚の岩が長年雨水の浸食をうけて出来た連珠池などの観光スポットがあります。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-5-552-3181
所在地:
雲林県古坑郷県道149甲線
経度/緯度:
120.695939/23.58387
リンク:
草嶺風景区 観光関連リンク
自家用車:

国道3号→古坑システムインターチェンジで降りる→省道台78線→仁義路→崙南路→嘉新路→長安路→広済路→県道149甲線