メインコンテンツへ飛ぶ

緑島

台東県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 緑島朝日温泉
  • 緑島朝日温泉の風景
  • 緑島空港
  • 緑島
  • 緑島の海岸風光
  • 緑島灯台
  • 緑島灯台の夕景

緑島は昔、火焼島と呼ばれました。台東市の東33キロの海上に浮かぶ、面積16.2平方キロ、人口約3,300人の島です。

この島は火山岩からなり、長年の風化と海水の浸食で入り組んだ海岸線を持ちます。奇岩怪石、リアス式海岸、白砂のビーチ、緑の草原、世界でも珍しい海底温泉、珊瑚礁、台湾有数の透明度を誇る澄んだ海、数々の植物などは、緑島を単なる離れ小島から、東部海岸の海上楽園にしています。全長18キロの島内一周道路をレンタカーで一周して緑島をお楽しみください。

緑島灯台
空港の北に位置するこの灯台は、1937年、豪華客船「プレジデント・フーバー号」が沖で座礁した際の島民の救助活動に感謝し、後にアメリカから送られたものです。

奇岩怪石
長年の風化と海水の浸食によって、多くの奇岩怪石が形成されました。それぞれに、睡美人、込巴狗、牛頭山、楼門岩、孔子岩などと命名されています。

朝日温泉
世界でも非常に珍しい海底温泉です。露天風呂と遊歩道が整備されています。

観音洞
石灰岩でできた洞窟です。隆起した珊瑚礁が長年浸食されてできたものです。観音様が姿を現して海に漂う漁師を助けたという伝説があります。その後洞窟を捜したところ石観音が発見され、以後線香が絶えることはないそうです。

海参坪
ここからの「睡美人と哈巴狗」の眺めは最高です。石段を登りたどり着いた展望台からの眺めは格別です。帆船鼻キャンピングエリア国民旅舎の前にあり、設備は木造りで、歩道、トイレ、かまど、テーブルなどの設備は万全です。お問い合わせは、緑島サービスセンターへ。

海底世界
緑島の周辺はさまざまな珊瑚があり、これに引かれてくる多くの熱帯魚や海洋生物が生息しています。シュノーケリング、潜水艇やグラスボートで海底の世界を覗いてみませんか。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道5号→蘇澳インターチェンジで降りる→省道台9線→省道台11線→富岡漁港→船に乗り→緑島

公共交通機関:

1. 鉄道で「台東駅」下車、花蓮行きの花蓮客運バスに乗り換え、「富岡バス停」下車。
2. 鉄道で「台東駅」下車、「静埔、成功、泰源」行きの鼎東客運バスに乗り換え、「富岡バス停」下車。

また、富岡漁港より船に乗り、緑島へ。

最終更新日時: 2019-03-14

周辺情報

トップ 前のページ