メインコンテンツへ飛ぶ

行天宮

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

行天宮は恩主公廟とも呼ばれ、関聖帝君をまつっています。関聖帝君(162-219年)は中国の歴史上非常に有名な武将です。彼は信義を堅く守ったので、武聖と尊ばれ、また理財にも長けていたので、商業の保護神としても尊ばれています。

行天宮は1967年に現在の場所に建立され、廟は質素で飾り気がなく荘厳です。前殿へ入ると大勢の信者が神の前でひざまづき、参拝している光景は非常に敬虔な感じです。天井と呼ばれる広場を抜けると正殿に着きます。供え物をする卓の上には鮮花、清茶しかなく、他の供え物がないことに気がつきます。行天宮では殺生を戒め、いけにえの家畜を備えるのを禁止し、また特に、金紙を焼くこと、演劇を神に奉納すること、ねんごろに金牌の礼を述べる当の行為を止めるように勧めていること。同時に廟のお堂の前には賽銭箱は設けられておらず、信者の香油代は不要で、伝統宗教界では初めての純朴なやりかたです。

一般の人は行天宮はとても霊験があらたかだと思っているので、神に占いを問いに来る人が大勢います。行天宮の地下のマーケットもほとんどが占いの屋台でいっぱいで、独特な特色があります。

占い地下道へようこそ!
行天宮の観光ついでに、訪れたいのがここです。観光客に人気の占いで有名な、行天宮の地下道「占い横丁」です。本場の占い師に、本格的な占いができます。手相、姓名判断、米粒占い、小鳥占い等です。訪れる人のほとんどが日本人観光客なので、日本語OKのブースが多いです。ブースによって占いの種類や料金が違うので直接尋ねるとよいでしょう。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-2-2502-7924
所在地:
台北市中山区民権東路2段109号
経度/緯度:
121.533751/25.062681
リンク:
行天宮 観光関連リンク
自家用車:

国道1号→円山インターチェンジで降りる→建国北路三段→民権東路二段

公共交通機関:

高速鉄道あるいは鉄道で「台北駅」下車、MRTに乗り換え、「行天宮駅」下車。