メインコンテンツへ飛ぶ

三義木彫博物館

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

三義地方の木彫りの発展の歴史は、郷民であった呉進寶氏が1918年に拾った枯木を加工し装飾品を製作したことから始まります。日本統治時代の日本人に芸術品として好まれ、呉氏は日本人とともに枯木で作る芸術品をいかにして大量生産するか再考を重ねました。

当初、三義の木彫り作品は、神像や伝統的な工芸品が主でしたが、近年では個性豊かな創作品が精力的に製作され、様々な題材をテーマにした彫刻作品が次々と生み出されて、多くの人々を魅了しています。

「三義木彫り博物館」は、台湾で唯一の木彫りをテーマにした公立の博物館です。館内では精巧な木彫り芸術品を中心に、各国の土着の民族木彫り作品と台湾の木彫り芸術品が展示されています。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-37-876009
所在地:
苗栗県三義郷広盛村広声新城88号
経度/緯度:
120.761182/24.406005
リンク:
三義木彫博物館 観光関連リンク
自家用車:

1. 国道1号→三義インターチェンジで降りる→省道台13線→県道130線
2. 国道3号→苑裡インターチェンジで降りる→県道140線→省道台13線→県道130線

公共交通機関:

鉄道で「苗栗駅」下車、三義行きの新竹客運バスに乗り換え、「三義バス停」下車。

おすすめのコース