メインコンテンツへ飛ぶ

七美嶼

澎湖県旅行スポット
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 七美嶼-双心石滬
  • 七美の星空
  • 小さな台湾みたいな海蝕台
  • 玄武岩

情報

電話番号:
+886-6-921-6521
所在地:
澎湖県七美郷
経度/緯度:
119.43534/23.208775

話題タグ

七美嶼は澎湖の最南端に位置し、古くは大嶼と呼ばれていました。島嶼ではいくつかの悲しい物語が伝えられています。

その昔、七人の女性がいつものように井戸端で洗濯していました。その時どこからか現れた倭寇に乱暴され、深く傷ついた女性たちは井戸に身を投げてしまいました。その後、その井戸は同情した村人たちによって埋められ女性たちの墓となりました。しばらくしてから、その井戸から7本の木が生えてきました。それが七美人塚です。また七美は「寡婦島嶼(未亡人島嶼)」と呼ばれたこともあります。南滬灯台の下に望夫石があります。形がまるで横たわっている婦人のようです。これは漁に出た夫を待っている姿なのです。

七美には島嶼を一周できる道路があり、交通は便利です。主な見どころは、七美で一番栄えている場所―南滬港、澎湖群島最南端の灯台―南滬灯台、月鯉港近くや巨大な獅子の石像付近で見られる玄武岩や火成岩の地形などです。

七美北海岸にも見逃してはならないスポットがあります。風が強いことで知られている澎湖では風と雨により、長い間植物の生育が困難な場所があります。七美北海岸にあるそれは澎湖の「月世界」と言われています。

付近の浜には人工の「石滬」があります。これはハート型をしており、魚をとる時にも使われています。このハートの形は大変優美で、訪れた人をひきつけます。皆さんもここでシャッターを押して、旅の思い出を増やしてみませんか。

ツアー

最終更新日時: 2019-03-14

周辺情報

トップ 前のページ