メインコンテンツへ飛ぶ

台北忠烈祠

次は本サイトが使用するキーボード操作となります-アルバム機能の説明:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESC鍵:離開相簿

忠烈祠は圓山飯店の近くにあり、後ろに山をひかえ、基隆河に面しています。1969年に建てられました。主要建築は北京にある故宮の太和殿をまねて作られ、雄大かつ壮麗な雰囲気は、義のために自己を犠牲にした英雄たちの精神を象徴しています。忠烈祠は周囲に1万余坪の芝生が広がり、さらに峰を連ねた山々に囲まれています。中華民国成立に犠牲となった革命烈士、抗日戦争及び国共戦争で亡くなった33万人の兵士がここに祭られています。大殿内の四方には烈士の位牌が置かれています。

毎年春と秋に、国家元首が政府高官を率いて訪れて、また、台湾を訪れる友好国の元首や政府要人たちもここで花束を捧げます。10月、中華民国の建国を記念する双十節前後には海外から帰国した華僑たちが団体でこの地を訪れます。ここでちょっと、忠烈祠正門前の衛兵にご注目を!厳粛な顔で微動ともしません。1時間毎に行われる衛兵の交代式も一見の価値があります。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-2-2885-4162
所在地:
台北市士林区北安路139号
経度/緯度:
121.533117/25.078384
リンク:
台北忠烈祠 観光関連リンク
自家用車:

国道1号→圓山インターチェンジで降りる→松江路→民族東路→新生高架道路→インターチェンジの北安路出口を降りる→北安路

公共交通機関:

高速鉄道あるいは鉄道で「台北駅」下車、市バスの247、287番に乗り換え、「忠烈祠バス停」下車。

旅行ルートを計画(出発地点によって最適な交通手段を選べ、旅のルートを計画できます)