メインコンテンツへ飛ぶ

阿里山一日コース

バリアフリー旅行

ツアー特色:

触口ビジターセンターで阿里山の原住民文化と豊かな自然を探索したら、愛をテーマにデザインされた牛埔仔愛情大草原を訪れてみよう。ここにはインスタ映えするスポットがたくさんあるので、チェックインポイントとしても撮影スポットとしても大人気だ。隙頂象山展望台で風景を満喫したら、頂湖自然生態公園で竹林を散策してみよう。バリアフリーで阿里山観光が一日中楽しめることがお分かりいただけるだろう。

話題タグ

ツアールート

1日目

阿里山国家風景区-觸口ビジターセンター
阿里山国家風景区-觸口ビジターセンター
当管理処は阿里山広域エリアの豊富な自然と人文資源を統括し、森林資源や高山鉄道、ツオウ族文化、生態ツアーなどを発展させていく重大な責任を担っている。

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:4台、自動二輪1台

車いすの貸出し:車いすレンタル:2

牛埔仔愛情大草原
牛埔仔愛情大草原は、台18線阿里山公路32キロの地点、觸口阿里山国家風景区管理処に新たに建てられた「行政およびビジターセンター」の近くにある。見渡す限りの草原は、昔から観光客が車を止めて立ち寄っていくスポットであったが、最近では阿里山国家風景区管理処の積極的なプロモーションの下、神木ウェディングなど...

バリアフリートイレ:車いす対応トイレ:1

バリアフリー駐車場:身障者用駐車場:3

隙頂象山展望台
隙頂のランドマークで、高さ約1050メートルです。隙頂地区から俯瞰すると、まるで一頭の巨象のように見え、象の頭や鼻、背中にそっくりです。
頂湖自然生態園区
頂湖自然生態公園は石棹そばに位置します。園内には孟宗竹林歩道、天然の原始林桟道、生痕化石などが見られます。所要1~2時間のハイキングや散歩に適したコースです。 歩道に沿って進んで行くと、東屋や孟宗竹林があります。もう一つの原始林木桟道では大凍山まで行くことができ、東屋の前に巨石が一つあります。これ...
最終更新日時: 2019-03-28
トップ 前のページ