メインコンテンツへ飛ぶ

台中文化と美食二日コース

美食彩々古跡巡り

話題タグ

ツアールート

1日目

国立台湾美術館
国立台湾美術館
周囲を緑地で囲まれ、屋内や屋外にいろいろな彫刻が配置されています。長さ約230mの美術街と800坪の美術広場があり、収蔵品も多く、定期的にさまざまなテーマの美術展を開催しています。美術館側門の丘を上ってところにある「碑林エリア」には、明代、清代、近代の書道家の名墨を花崗石に彫った碑が数多く展示されて...
国立自然科学博物館
国立自然科学博物館
台中市に設立された自然科学博物館は民国75年(1986年)の開館で、宇宙ホール、鳥瞰ホール、立体ホール、環境ホールの4つのテーマを持つマルチメディアホールから構成されます。4つのテーマ館の展示会場はサイエンスセンター、ライフサイエンス庁、地球環境庁、人文文化庁に分けられます。このほか、熱帯雨林の温室...
逢甲夜市
逢甲夜市
台中の有名な繁華街の1つです。逢甲大学の周囲1キロメートル内にあり、逢甲文華夜市、逢甲路、福星路が含まれます。繁華街の中の屋台料理はとてもおいしく、服は個性的で、お買い得です。また、最新の携帯電話も、台中で最も安く買うことができます。駐車の問題は、交通局の整備の後、大幅に改善され、駐車スペースを探す...

2日目

東海大学
東海大学
台中大度山の坂道にある東海大学はキャンパスに続く緑の小道が美しく、台中の観光スポットにもなっています。アーチ型屋根とステンドグラス、有名な建築士ベイリルが設計したルスイ教会は有名で、同校のシンボルとなっています。
東海国際芸術街
東海国際芸術街
東海大学に近く、坂道に沿った一帯は芸術の息吹が感じられる理想にコミュニティーです。ポストモダニズムの雰囲気にあふれる店舖やコーヒーショップ、茶芸館が並び、芸術的な雰囲気を満喫することができます。
最終更新日時: 2019-10-08
トップ 前のページ