メインコンテンツへ飛ぶ

台北都会二日コース

古跡巡り生態観察

話題タグ

ツアールート

1日目

国史館
国立中正紀念堂
国立中正紀念堂
台北市の中心部にあり、杭州南路から西、中山南路から東、愛国東路から北、信義路から南に囲まれた区域で、敷地は25万平方メートルに及びます。ここは外国人観光客がよく訪れる台北の観光スポットの一つでもあり、屋根には北京の天壇様式が採用され、建物は四方から眺めるとエジプトのピラミッドのように見えるなど、独特...

2日目

国立台湾博物館
国立台湾博物館
台湾でもっとも歴史の長い博物館 本博物館の歴史は1908年にまで遡り、台湾でもっとも歴史の長い博物館です。日本政府が台湾南北縦断鉄道の全線開通を祝って、1908年10月24日に「台湾総督府博物館」を設置したのが始まります。開館時の所蔵品は一万件余ります。1915年に台北新公園内に現在の建物が落成...
台北植物園
台北植物園
歴史博物館の裏側に位置する台北植物園は、約8ヘクタールもの広大な敷地に約1500種類もの植物が栽培されており、まさに都会のオアシスといったところです。真夏の平日でも、人々が涼を求めて園内に広がる木陰の下や蓮池の周辺を散策する姿を見かけることができます。 園内は植物の種類や使用目的別に17のエリアに...
最終更新日時: 2019-09-03
トップ 前のページ