メインコンテンツへ飛ぶ

二沙湾砲台(海門天険)

基隆市古跡・寺院
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 海門天険
  • 砲台

海門天険は1840年のアヘン戦争期に英軍侵入に備えて建設されました。1884年清とフランスの戦争の時、こわされたがあとに台湾第一代の巡撫(総督に相当)が再建しました。二沙湾一帯にあるところから「二沙湾」砲台ともいいます。

海門天険には東と北の海に面した高台に各一つの砲台があります。その下方には、軍営があります。また、軍営内には、数段におよぶ壁垣があり、正門には「海門天険」の四つの字が刻まれています。また砲台付近には大砲、弾薬庫もあります。

海門天険は中正公園から徒歩で行けます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道1号→基隆端インターチェンジで降りる→中正高架道路→中正路→正豊街→豊稔街→正信路→寿山路

公共交通機関:

高速鉄道で「台北駅」下車、鉄道に乗り換え、「基隆駅」下車、市バスの101番に乗り換え、「海門天険バス停」下車。

ツアー

最終更新日時: 2019-06-10

周辺情報

トップ 前のページ