メインコンテンツへ飛ぶ

新北市立鴬歌陶磁博物館

新北市芸術文化の展示館
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 鴬歌陶磁博物館の外観
  • 鴬歌陶磁博物館の常設展「過去に向き合う」
  • 鴬歌陶磁博物館の常設展「陶器の町」

2000年11月26日にオープンした新北市立鴬歌陶磁博物館は、台湾陶芸文化の里.鴬歌の特色を生かした博物館で、陶芸文化を通じて地元観光産業の発展や町おこしに貢献しています。また台湾に根差した陶芸文化と現代美術としての陶芸とを結び付け、台湾陶芸の国際化にも力を尽くしています。

館内は「テーマ常設館」と「特別展示室」からなっており、「テーマ常設館」は「陶芸技術の起源」から始まり、「台湾陶芸の発展」、「鴬歌陶芸の発展とその過程」、「先史から現代までの台湾陶芸の発展の姿を探って」と続き、最後に「未来の工業セラミック.精密セラミックの世界」に到る五つのエリアに分かれています。本館三階の四つの特別展示室と一階の「日だまり特別展示室」、地下一階の「陶芸回廊」は陶芸美術作品の展示室となっており、実験的作品や多様な作品の発表場所として国内外の陶芸アーティストに開かれています。展示室にはガラスの壁を透かして豊かな自然光が射し込み、その光に合わせて無限に変化する作品の質感と造形美を楽しむができるようになっています。とりわけ博物館の内外に灯りが点される夕暮れ時には、この建物の静かでストイックな雰囲気をじっくり味わうことができるでしょう。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
自家用車:

国道3号→三鶯インターチェンジで降りる→県道110線

公共交通機関:

鉄道で「鶯歌駅」下車。また、徒歩で約10分到着。

ツアー

最終更新日時: 2019-03-12

周辺情報

トップ 前のページ