メインコンテンツへ飛ぶ

大甲鎮瀾宮

この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる

「媽祖」は航海の神様として、台湾でもっとも広く信仰され、影響力を持つ女性の神様です。現在台湾では「媽祖」を主として奉る廟は五百間余りに上ります。言伝えでは「媽祖」は、宋の時代、福建興化府の官史を勤める父を持つ林家に生まれました。また誕生の説話があり、母である王氏が受胎期間12ヶ月を経て、宋の太祖建隆元年(西暦960年)旧暦3月23日に生まれ、生後一ヶ月間泣くことがなかったことから幼少より「黙娘」と呼ばれました。

黙娘は幼少より才知に長け、十歳には朝晩欠かさず念仏を唱え始め、十六歳の時には、神から教えと銅製の札を授かって神通を得、札の力を借りて邪を払い、災いを消し去り、人々の病を治癒し始めます。これにより村の人々から尊敬の意を込めて「通賢霊女」と呼ばれるようになります。  

黙娘が28歳の時、父親が海難事故で亡くなります。悲しみの余り、重陽の日、家族に嵋山に登り願を果たしたいと告げ、旅立ちます。黙娘が嵋山の頂きに立った瞬間、神楽が鳴り雲海が割れ仙人が現れ、黙娘を誘って神になったと伝えられています。その後黙娘は、常に海上に降り立ち、遭難している民衆を助け、民間の病苦を解決し、「媽祖」として大衆の信仰を受けるようになります。そして宋、元、明、清の時代には、何度も皇帝から称号を得、清康熙二十三年(西暦1684年)には、「天后」と封じられました。

媽祖は台湾に伝わって三百年余年になります。台湾への初期開拓者が中国大陸から台湾に向かう時、いずれの船も航海の安全を祈願して媽祖の像を奉納していました。そして台湾についた後、廟を建て媽祖を奉ります。その後、民衆は疫病や水害、干ばつ、作物の害虫等の諸問題に遭遇した時、媽祖に祈願するようになり、媽祖は航海の神様から万物全能の神となります。以後信者は広まり、台湾各地には媽祖廟が多く建てられました。毎年旧暦三月二十三日の媽祖の誕生日(西暦では四月)には各廟で「媽祖の迎賓祭」が執り行われます。

鎮瀾宮は大甲区にあり、別名“媽祖廟”。清雍正年間に建てられ、今まで200年の歴史をもちます。廟貌はいかにも巍峨壮麗で、三川殿正立面の石堵は彫刻が精細であり、もちろんその裙堵と身堵の精彩さは言うまでもありません。微細な腰堵までが人物帯騎と博古で飾り、まさに石彫工芸の極品です。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
電話番号:
+886-4-26763522
所在地:
台中市大甲区順天路158号
経度/緯度:
120.6234884/24.3451417
リンク:
大甲鎮瀾宮 観光関連リンク
自家用車:

国道3号→大甲インターチェンジで降りる→県道132線→順天路

公共交通機関:

鉄道で「大甲駅」下車。

ガイドサービス:

古廟文物の解説員がいますが、電話で予約する必要があります。電話番号は+886-4-2676-3522 。