メインコンテンツへ飛ぶ

台湾イベントカレンダー

合計:48 各ページの件数:10 合計ページ:5 現在のページ:2
  • 国際
    2021貢寮国際海洋ロックフェスティバル 2021年一時開催中止

    貢寮国際海洋ロックフェスティバルは、新北市のビーチで行われる最大のロックフェスティバルです。インディーズたちの音楽に対する熱い思いが、東北角海岸の特色にマッチして大成功を収めており、観光収益にも大きな成果を見せています。本イベントは、インディーズにパフォーマンスの舞台を提供するとともに、世界へ台湾観光の魅力をアピールしています。夏休みを考慮して、毎年、7月に開催されますので、音楽好きの青少年も見逃すことはありません。また、夏は、新北市北部の海岸線で、旅行シーズンを迎える時期でもあります。フェスティバルでは、「海洋独立音楽大賞」を競うコンテストが開催され、国内外のアマチュアや学生バンドが参加してデビューのチャンスを狙います。インディーズたちの熱唱ステージは、観客の心を掴み、会場全体は感動の渦に包まれます。今年の夏は、音楽に身を任せてみませんか。貢寮国際海洋ロックフェスティバルでは、あなたの心に眠る音楽への情熱を呼び起こしてくれます。さあ、両手を広げて、年に一度のロックの祭典に出かけましょう。

  • 国際
    2021東海岸大地芸術祭及び月光・海音楽会 2021-07-22~2021-10-30

    「東海岸大地芸術祭」は台湾東海岸沿いの各地で芸術イベントを開催しています。大型の戸外作品がメインですが、台11号線沿いには一般公開された芸術工房や、芸術マーケット、音楽イベントなどがあります。東部海岸エリアの自然景観、集落での生活、旅行をテーマにした芸術フェスティバルです。

  • 国際
    2021平溪(ピンシー)国際天灯祭り 2021年開催延期

    孔明灯との別名を持つ天灯。三国時代の諸葛亮によって発明されたとの言い伝えがあり、当初は軍事通信用の道具として使われていたそうです。烽火台とは異なり、天灯は熱気球の元祖と言われ、清朝の道光年代に台湾に導入されました。毎年、元宵節は、田畑を耕す準備を始める目安とされていたため、農民は一年の願いを込めて天灯を空に放ちました。昔は、農家のお嫁さんは、力仕事の任せられる男の子を望んでいましたので、廟でもよく「早生貴子(早く子供ができますように)」や「五穀豊收(実り多くありますように)」という祈願の言葉を天灯に書いて放す行事が行われていました。台湾語で男の子は「添丁」といい、その発音が「天灯」と似ていたことから、後にこの行事は、「天灯」と呼ばれるようになったそうです。当初は、天灯を風にのせて飛ばし、先祖様に平穏無事を告げてご加護を祈っていた天灯でしたが、次第に、元宵節の行事として平渓地方に根付くようになりました。時代が移り変わる中、変わらないのは天灯に書かれる人々の願いや希望かもしれません。「平溪(ピンシー)国際天灯祭り」はこれまで輝く歴史を刻んできました。「北の天灯、南の蜂炮」と言われるように誉れ高いお祭りとなっています。またDiscoveryチャンネルでは、世界二大ナイト祭りとして取り上げられ、天灯祈願をして心の浄化をするという台湾人の精神を世界に伝えました。元宵節の日は、民俗舞台ステージやクイズなど、面白いイベントも行われますが、このイベントの見せ場はなんと言っても天灯を空に放つ瞬間。天灯の明かりが灯されると、一つ一つが人々の願いを乗せた翼となって舞い上がり、山間の夜空に彩りを添えます。その美しさを見ていると、文化の隔たりなど感じなくなってしまうことでしょう。そのため、毎年元宵節の時期になると、平渓に多くの観光客が押し寄せ、空高く舞い上がる天灯を楽しみます。その光景は、台湾人にも美しい記憶として刻まれ、夢と幸せの始まりを象徴しているようです。

  • 国際
    頭城搶孤(チャングー)民俗文化イベント 2021年開催日未定

    清代から伝わる中元節(「鬼月」最後の夜)が終わると、供養で使われた供え物を奪い合う行事-「搶孤(チャングー)」が始まります。一説によると、鬼月が終わっても地獄に帰らない霊を脅かして追い払うための行事であったとも言われています。宜蘭県の頭城で行われる「搶孤(旗取り)祭」は、搶孤行事の中でも台湾最大の規模を誇るお祭りであり、宜蘭における旧暦7月の代表的な民間行事です。空中に浮かび上がった「孤棚(グーポン)」は、何本もの福杉製の柱上部に設けられ、高さは約11メートル、幅は8メートルほどあります。そして更に孤棚の上には7、8丈ほどの高さの「孤棧(グーザン)」が取り付けられます。孤棧は、竹で編み込まれた円錐の形状をしていて、スルメイカやちまき、ビーフン、肉、魚・・・などがびっしりと結び付けられています。孤棚へ達する柱には牛の脂がたっぷりと塗られているので、参加者はチーム一丸となって、下の人の肩の上を踏み台として上へ上へと登っていかなければなりません。孤棚の上から落とされた供え物は下の人が競って拾います。勝負は、孤棧のてっぺんに取り付けられた「順風旗」を獲ったチームが勝利です。この他、煌びやかにイルミネーションされた水燈のパレードや鬼月最後の前日(鬼の門が閉じられる前日)に行われる竹安河口の水燈(灯篭流し)、北管鬥陣と呼ばれる伝統芸能の上演…など様々なイベントも行われます。旧暦7月1日の鬼の門が開く日(鬼月開始日)から、鬼の門が閉まる日の搶孤までの一ヶ月間は、一連のイベントづくしとなります。宜蘭開拓者への慰霊に、宗教的な伝統行事と民俗文化が溶けあった内容となっていますので、是非お出かけください。

  • 国際
    2021台湾美食展 2021-08-06~2021-08-09

    台湾美食展は、開催当初、単に食材と料理だけを取り上げていましたが、現在は、食器もイベント要素に取り入れて、飲食芸術文化を名コックとともにお伝えしています。地域の産物素材を生かした郷土料理は、近年ますます多様化しており、台湾グルメのグローバル化が進んでいます。このフェスティバルでは、台湾グルメの彩りや美味しさの魅力だけでなく、世界各国から名コックを集めて料理コンテストも開催しており、国際色豊かなフェスティバルとなっています。1989年に初めて開催されて以来、台湾の美食は目覚しい発展を遂げています。イベント内容も、毎年アイディアあふれるテーマで、美食の魅力を体感できるよう企画され、人々に感動をお届けしています。

  • 国際
    金門中秋月餅賭けサイコロゲーム大会 2021年開催日未定

    「博狀元餅」の起源についてご説明しましょう。言い伝えによると、鄭成功が金陵(南京)を攻めたとき、金門の洪門港(現在の后豊港)出身の洪旭は、アモイで留守を任されていました。洪旭は、兵士たちの心を落ち着かせ、故郷を恋しく思う気持ちをなぐさめるために、中秋節の日、兵士たちと「賭け事」をしました。これが後に金門に伝わる中秋節のイベントへと発展したそうです。「博餅」とは、サイコロ遊びのことで、餅を賭けて遊ぶゲームです。その昔、金門の地は貧困で生産できるものがなかったので、どの家も科挙試験に合格して資格と官職を得て欲しいと望んでいました。そのため、この地域の人々は科挙制度を熟知しており、この時に使われた6個のサイコロを、昔の科挙である6階級(状元、榜眼、探花、進士、舉人、秀才)に例えていました。金門県政府が主催する「金門中秋博状元餅イベント」は、古代博餅のルールに則って行われます。参加者は、「鄉試、会試、殿試」の試験に合格しなければなりません。結果は、科挙六科によってランク付けされ、6種類の餅は、状元餅・・・状元、対堂餅・・・榜眼、三紅餅・・・探花、四進餅・・・進士、二挙餅・・・挙人、一秀餅・・・秀才といったように身分を表します。このほか、イベントを盛り上げるために、金門に伝わる懐かしいおもちゃも登場し、大人も子供も楽しめるイベントとなっています。

  • 国際
    野柳石光-女王夜間訪問 2021年開催日未定

    野柳地質公園は夜間開放イベントは唯一無二の価値があります。イベントでは「夜間岩石」を主軸とし、波や漁火などをバッグに、「夜間観賞」の特色を表現します。キノコ岩群はそれぞれ独特な光と影に包まれます。また、音楽に合わせて照明の色はさまざまに変化します。行楽客の皆様にとって忘れられない体験となることでしょう。

  • 国際
    日月潭遠泳大会 2021年開催日未定

    南投県は台湾で唯一、海に面していない地域ですが、台湾一の美しさを誇る日月潭を擁しています。日月潭は、国内最大の淡水湖で、その名は遠くまで知れ渡っており、多くの外国人観光客が訪れています。まさに台湾旅行必見の観光地です。日月潭は、美しい湖と秀麗な景色で有名で、その特殊な地理環境は、遠泳やサイクリング、マラソンなどの大会を開催するには最適なところでもあります。一年に一度開催される日月潭遠泳大会は、長い歴史と規模を誇るイベントです。1983年から毎年、中秋節の前後に行われており、台湾はもとより、海外からもたくさんのスイマーが朝霧埠頭に集まってこの大会を盛り上げています。コース全長は、約3,000メートル。2002年には世界水泳の殿堂入りを果たしました。毎年あちこちから数万人のスイマーがエントリーし、『日月潭遠泳大会』は、皆さんと共に素晴らしい開催記録を刻んでいます。

  • 国際
    雲林国際人形劇祭り 2021年開催日未定

    台湾の人形劇三宝と言われる皮影劇、布袋劇、傀儡劇は、台湾に伝わってからすぐに台湾本土の風俗や信仰が溶け込み、台湾独自の人形劇へと発展しました。人形師の繊細な手さばきで繰り広げられるリアル感、舞台の傍で場面に合わせて奏でる楽師の演奏、世代から世代へと移り変わる観衆・・・それぞれが時代とともに変遷し、神恩に報いるものから人々を楽しませるものへと人形劇の意義さえも少しずつ変化を遂げているのかもしれません。「雲林国際人形劇祭り」は1999年に創設されました。「布袋劇の里」と呼ばれる雲林県には、たくさんの流派を擁しています。「雲林国際人形劇祭り」の創設によって、雲林県に人形劇文化を根付かせ、伝統的な芸術を發揚する力となり、さらには国際文化交流の推進が期待されます。雲林国際人形劇祭りでは、海外から招いた人形劇団による公演のほか、金掌賞を競うコンベティションも行われ、伝統の中に独創性を取り入れた舞台が登場します。また文物芸術展、文創展、農産物展など、「人形」を飾る各種イベントも行われます。刺激的なプロモーションや体験学習イベントなどを行い、人形劇文化の永続的な発展と伝承に役立てたいと考えています。

  • 国際
    南投世界茶業博覧会 2021年開催日未定

    茶業博覧会は年々優秀な売上高を創り出しています。近年は台湾工芸研究発展センターと協力し、南投県の茶葉を推進しています。イベントではビジネスチャンスを創造し、農民の収入が増えるだけでなく、周辺および観光産業全体が盛り上がるように努めています。伝統的な農業のスタイルを進化させたり、ブランドのプロモーションを強化させたりすることで、市場全体の競争力をアップさせ、台湾茶の知名度を高めています。

トップ 前のページ