メインコンテンツへ飛ぶ

「2019台湾ランタンフェスティバル」 メインランタン(巨鮪來富)及びミニランタン(2019屏安猪) 「デザイン発表記者会見」

日付:2019-01-08 訪問者数:2871

「2019台湾ランタンフェスティバル」の点灯式は、今年(2019)年2月19日の元宵節当日に、屏東県東港鎮大鵬湾国家風景区にて開催されます。これを受けて、交通部観光局では本日、メインランタンとミニランタンのデザインを初公開しました。

2019台湾ランタンフェスティバルは、今年30周年を迎えることとなり、新たな思考を取り入れて、斬新且つ華麗な姿のランタンを登場させました。これまでは開催年の干支をメインランタンのテーマにしてデザインしてきましたが、今回は開催地である屏東の美を現すために、屏東県東港の名物であるクロマグロをモチーフに、大鵬湾海域の絶景を組み合わせて設計されました。メインランタンは水面に設置される予定で、煌めく海面にはカラフルに輝くメインランタンの光が映し出され、大鵬湾はロマンチックな夢の国と化します。また、この壮麗な風景を永遠に残していくために、フェスティバル終了後もそのまま設置される予定で、このメインランタンが大鵬湾における新たなランドマークとなって、美しい思い出を守り続けます。

今年のメインランタンの高さは16メートルに達します。2万組以上のライト回路システムによってメインランタンの内部に装着された色とりどりのLEDライトが1,200万画素に及ぶ色彩を生み出すため、どの角度から見ても千変万化する幻想的な光を鑑賞することができます。また今年は大鵬湾の地理的特色を活かし、フェスティバル開催中は、初となる夜間遊覧船を運航します。

一方、今年のミニランタンは、屏東の風豬爺から発想を得て「2019屏安猪」と命名されました。赤、黄、青色を基調とし、大きな鼻に大きな目、大きな耳が可愛い表情を作り出しています。

2019台湾ランタンフェスティバルは、2月19日(火曜日)の元宵節当日夜7時から開会の点灯式が行われ、フェスティバル期間中は、30分ごとにメインランタンショーが開催されます。皆様のお越しを心よりお待ちしております。

    最終更新日時: 2019-05-15
    トップ 前のページ