メインコンテンツへ飛ぶ
2018-08-24

台日同名32駅「青春・若旅2018」がスタート! 台日の若者たちは、いかにこの旅を成し遂げ、 台湾各地の美と観光の魅力を発掘するのか?


台湾と日本には同じ名前の駅が32駅も存在しています。この度、交通部観光局では、「宝島仲夏節(フォルモサ仲夏フェスティバル)」の開催に合わせて、8月24〜8月26日の期間、台湾と日本の大学生を北部、中部、南部、東部の4チームに分けて、台湾の同名32駅をめぐってもらうというイベントを打ち出しました。台日間に新たな絆を構築し、日本の若年層に対する台湾旅行を促す一方で、便利で安全な鉄道の旅を通して更に多くの人生経験を積みながら、台湾にあふれる人情味や観光の魅力を発掘してもらいたいとの考えにより企画されたこのイベントは「青春・若旅2018」と名付けられました。日本の若者たちによる台湾旅行を促進し、若い人たちの活力を借りて、更に多くの日本人に台湾鉄道でめぐる旅を推し進めていきたいと考えています。

「青春・若旅2018」のスタート記者会見では、特別ゲストとして招かれた鉄道マニアの黄子佼先生が台日の青年たちへエールを送りました。また、ご自身が体験された鉄道旅行のエピソードなどをお話しされた上で、台湾や海外の旅行者に向けて台湾での鉄道旅行の魅力を伝えました。黄子佼先生はまた、鉄道旅行は人生で必要な経験の一つであるとし、鉄道に乗ってのんびりと旅をする中で台湾に根付く多くの郷土風情を発掘し、旅の醍醐味を感じることができると述べました。

今回のイベント開催にあたり、日本人大学生を8人募集したところ320人を超える申し込みがありました。当初選出された台日の青年たちは、北中南東の4チームに組分けされる予定でしたが、悪天候による路線変更が余儀なくされたため、学生たちの安全を考慮して南部については次回に延期するとし、南部チームの学生には東部または北部、中部チームへ参加するよう調製が行われました。なお、南部チームには次回再び南部へ出発してもらいます。各チームは、くじ引きによってコースが決められ、二泊三日という制限時間内に8駅をめぐる旅の計画を自分たちで練り、最終的に3チームが力を合わせて同名32駅のうちの3/4駅を制覇していただきます。各チームは駅に到着するたびに「駅の魅力」「名産グルメ」「景観スポット」という三大特色について、または、美食、ロハス、文化、生態、ショッピング、ロマンなどの六大テーマに関する紹介文を、中国語と日本語で作成し、写真を添えて当局大阪事務所のFacebook「台湾見っけ!」に投稿します。この他、各チームは交通部観光局が用意した同名32駅のハンドブックに、訪れた駅の記念スタンプを押してこなければなりません。2018年8月26日(日)午後5時に台北駅に戻った時点で、めぐった8駅を合わせて一番多く「いいね!」を獲得したチームが勝利となります。他にも人気の高い(いいね!の数が多い順)美しい駅や美食及び美景で人気の高い駅などを選出し、人気駅賞を発表します。

各チームを歓迎し、きっぷ購入などのサポートをしてこのミッションがスムーズに行えるようにと、松山、桃園、竹中、豊原、池上、新城には特別にエイド・ステーションが設けられました。台鉄局及び交通部観光局の関連機関である管理処がそれぞれ工夫をこらした方法で到着するチームを迎え、台湾式のエールと熱意を送ります。

鉄道は単なる交通の輸送手段ではありません。観光と組み合わせることにより付加価値が高まり、旅行者へ異なる体験をもたらしてくれます。「青春・若旅2018」は若者たちのアイディアを組み入れたイベントであり、彼らの活力と想像力を発揮させるイベントです。そして今後、台日の楽齢族(定年を迎えた熟年層)にも友人を誘って一緒に同名32駅をめぐる旅を体験してほしいと願っています。鉄道の旅は心の奥にしまってあった青春の記憶を蘇らせてくれることでしょう。

    写真

    この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
    • アップキー:写真選択を表示
    • ダウンキー:写真選択を非表示
    • レフトキー:前の写真へ
    • ライトキー:次の写真へ
    • ESCキー:アルバムを閉じる
    訪問者数:2457