メインコンテンツへ飛ぶ

台湾茶

台湾地図台湾は、どこから見ても山の景色が見渡せる島です。

山に入ると、百年を誇る茶畑が広がり、台湾人の茶生活を理解することができます。

茶園では、茶摘みや茶作りの他、お茶のテイスティングが体験できます。深いお茶の香りは心を癒してくれます。お茶をすすりながら森林浴を楽しみ、虫の鳴き声に耳を傾けて、東洋の生活文化に触れてみませんか。

こだわり台湾茶を訪ねる旅を通して、文山包種茶、峨眉東方美人茶、魚池アッサム紅茶、阿里山高山茶、瑞穂蜜香紅茶など、北から南まで台湾各地の異なる茶産地を私たちと一緒に巡りましょう。

 

文山包種茶

「包種茶」:通常は半発酵の棒状の茶を指します。

2枚の毛辺紙に製茶された四両(約152g)の茶葉を包み込んで長方形に包装し、表には茶名と業者名を捺印します。これが「包種茶」と呼ばれる由来です。山に囲まれた台北近郊の文山区は、一年中適度な湿気のある地域で、恵まれた肥沃な土地で産出される包種茶は絶品です。

おすすめツアー

台北文山包種茶全日ツアー:

新店–烏来到着後、文山農場を見学 → 園区生態の解説:茶摘み、製茶体験、お茶セミナー → 茶葉料理の昼食 → 烏来瀑布を見学 → Gaga国際劇場にて原住民文化ショウの鑑賞 → 烏来老街の散策 → 帰路へ

旅行情報:新北市烏来区役場、ホームページ

  • 製茶過程

    製茶過程

  • 採茶農婦

    採茶農婦

 

東方美人茶

昔イギリスに販売された際、その独特な味と香りに惹かれた女王から、東方美人茶という名前を賜ったと伝えられています。台湾では別名シャンパン烏龍茶、白毫烏龍茶あるいは膨風茶とも呼ばれています。夏の時期だけに生産される東方美人茶は、ウンカと呼ばれる小さな虫が茶葉の養分を吸うことにより、発育が妨げられ自然変質を起こして、独特な味わいを作り上げます。摘み取られた茶葉は発酵後乾燥します。この特殊な生成方法が品質の重要な鍵となっています。味はほんのり甘く、蜜の香りと熟した果物の風味が特色です。

  • 製茶過程

    製茶過程

  • 東方美人茶

    東方美人茶

おすすめツアー

新竹峨眉東方美人茶全日ツアー:

新竹峨眉到着後、富興茶葉生産販売センター、徐耀良茶園を見学 → 東方美人茶の講座を受けた後で、茶摘っ娘に変身し、茶摘み体験や製茶工程の解説を聞く。DIY茶菓子作り → 客家民族郷土料理の昼食 → 北埔老街を散策、客家擂茶作りの体験、客家餅試食、ショッピング → 帰路へ

  1. 毎年6月~8月は東方美人茶の茶期であり、製茶コンテストが開催されます
  2. 製茶体験は季節限定となっておりますので、予約が必要です。
  3. 旅行情報:参山国家風景区管理処、ホームページ

 

阿里山高山茶

阿里山地区は風光明媚な景観で知られていますが、お茶の産地としても有名です。

阿里山高山茶は台湾の高山茶の中でも特に代表的なお茶です。高山の涼しい気候に加え、昼と夜の気温差が大きいため、茶木はゆっくりと時間をかけて成長します。柔らかくて肉厚で、ペクチンの含有量が高い茶葉が特長です。湧き水を灌漑に利用して生産された良質の高山烏龍茶や金萱茶は、さわやかな香りとコクのある味わいがあり、何度いれても美味しく頂けます。後味もまろやかで、台湾各種茶コンテストでは常に優秀賞を獲得し、「台湾第一好茶」と呼ばれ、国際的にも有名なお茶です。

  • 阿里山石卓茶園

    阿里山石卓茶園

  • 阿里山高山茶

    阿里山高山茶

おすすめツアー

阿里山こだわりお茶巡り北線1泊2日ツアー:

Day 1

梅山–太平碧湖-瑞里の散策 → 瑞里にて昼食、お茶のテイスティング → 茶染体験、DIY烏龍茶カップケーキ、緑茶ゼリー作り → 茶葉農場製茶体験 → アフタヌーンティー、高山コーヒー → 現地郷土料理 → 民宿に宿泊、お茶を飲みながら夜空の星の観賞

Day 2

早起きして茶園散策 → 草坪茶会:茶文化講座、茶芸セミナー → たけのこ料理 → 散策 → ショッピング→帰路へ

 

阿里山こだわりお茶巡り南線1泊2日ツアー:

Day 1
隙頂二延平の散策 → 有機野菜料理 → 楽野迷糊歩道の探索 → 台湾最優秀賞受賞のコーヒーを味わう → DIY手作り餅に烏龍茶の粉をつけて味わう、野生愛玉ゼリー、手作り伝統の草餅、茶葉入り卵焼き作り → 茶工場にて製茶体験 → 高山風味の夕食 → 月光茶会、鄒族原住民によるコンサート → 頂石棹民宿群に宿泊

Day 2
朝森林浴を楽しむ → 奮起湖山城の町を散策、老街にて懐かしい美食 → 茶葉料理、お茶のテイスティング(高山烏龍、金萱等) → ショッピング → 帰路へ

  1. 茶会、製茶体験、DIY体験および観光地のガイド行程については、予め現地民宿または茶工場にお問い合わせの上、ご予約下さい。
  2. 山地は気候が不安定なので、防寒服および雨具をご用意下さい。
  3. 旅行情報:阿里山国家風景区管理処、ホームページ 

 

瑞穗蜜香紅茶

台湾の中央山脈を挟んで東側に位置する花東縦谷地区では、近年無農薬有機栽培に力を注いできました。ウンカに吸わせた茶葉を丁寧に製茶することにより、最高級の蜜香紅茶が生まれました。極上の蜜香紅茶は濃厚なフルーツ、はちみつ、花の香りがします。また口に含ませると蜜の香りが広がります。2006年に開催された茶葉コンテストでは、参加国15カ国、総出品数700余りの中から、この地区で生産された紅茶が世界級金メダルを受賞しました。

  • 舞鶴茶園

    舞鶴茶園

  • 蜜香紅茶

    蜜香紅茶

おすすめツアー

花縦舞鶴紅茶1泊2日ツアー:

Day 1

太魯閣出発 → 舞鶴高台茶区の参観 → 掃叭石柱 → 光復馬太鞍の原住民風味の夕食または阿美族の石鍋 → 民宿またはホテルに宿泊

Day 2

朝出発 → 布農部落と布農族八部合唱の見学 → 鹿野高台茶のテイスティング。卑南渓峡谷と海岸山脈の風景観賞 → 茶葉料理または滋養鍋の昼食 → 鹿野龍田でのサイクリング → 帰路へ

旅行情報:花東縦谷国家風景区管理処、ホームページ

 

魚池アッサム紅茶

日本統治時代に、日本政府がインドのアッサム州から優良なお茶の種を輸入し、自然環境に恵まれた魚池郷で栽培されるようになったのが始まりです。その後、この地域は紅茶の名産地となり、「皇室御用達絶品」として、当時の日本人により天皇に献上されました。

今も残る初代の茶木は樹齢80年を超えていますが、この茶木から取れる茶葉の形は非常に美しく色鮮やかで、豊かな香りとほんのりとした甘みを持っています。淹れた後、淡い花の香りがして、口に入れるとまろやかな味が広がり、後味も豊かです。

  • 日月潭魚池茶園

    日月潭魚池茶園

  • 製茶過程

    製茶過程

おすすめツアー

日月潭紅茶1泊2日ツアー:

Day 1

埔里にて昼食(花宴または郷土料理) → 日月潭水社観光センターへ → 日月潭にてサイクリング → 台湾各地方の特産物館(OTOPフェア)、魚池郷農会の見学(日月潭紅茶、農産物を味わう)、ショッピング→日月潭にて夕食 → ホテルまたは民宿に宿泊

Day 2

猫囒山紅茶園を散策 → 日本統治時代魚池紅茶試験支部所長を務めた新井耕吉郎記念碑を訪ねる → 茶業改良場から日月潭の美景を眺め、茶業文化展示館を見学 → 製茶体験 → 日月潭紅茶風味の昼食 → 日月潭を観光、原住民歌舞ショウの観賞 → 帰路へ

  1. 茶業文化展示館は団体の平日見学のみ受け付けております。見学をご希望される方は予約が必要です。
  2. 旅行情報:日月潭国家風景区管理処、ホームページ  

 

最終更新日時:2019-08-26
トップ 前のページ