メインコンテンツへ飛ぶ

台湾B級グルメ

  • 小籠包(シャオロンバオ)
    小籠包(シャオロンバオ)
    open
    小籠包(シャオロンバオ)

    薄い皮の中に旨味の凝縮した肉汁がたっぷり入った包子。中のスープをこぼさないで食べるのがポイントです。

    閉じる
  • 担仔麺 (タンツーミエン)
    担仔麺 (タンツーミエン)
    open
    担仔麺 (タンツーミエン)

    台南で発祥し、のちに台湾全国に広まった担仔麺は、こぶりの碗にゆでた油麺とモヤシをいれてスープをかけ、更に豚のそぼろ肉と海老、香菜、ニンニクソース、などをのせた料理です。もっと豪華にという場合は、滷蛋(ゆで卵の醤油煮)や魚のツミレが追加オーダーできます。

    閉じる
  • 魯肉飯(ルーロウファン)
    魯肉飯(ルーロウファン)
    open
    魯肉飯(ルーロウファン)

    これは台湾で有名な「小吃(軽食)」の一つです。戦後まもなく物資が欠乏していた頃、「肉」は各家庭において贅沢品の一つでした。当時、豚のあご肉から耳までの部位が安かったため、人々はこの部位を買っていました。これに醤油とエシャロット、五香粉で作ったタレを加え、鍋で煮込みます。こうしてできあがった香り豊かな肉と煮汁を歯ごたえのある白米の上にのせます。シンプルですが、幸せを感じられる昔ながらの「小吃」です。

    閉じる
  • お粥
    お粥
    open
    お粥

    これは台湾の人たちにとって子供の頃の思い出の食べ物の一つです。一粒一粒がはっきりしたお米に、肉や小魚、エシャロットなどの具材を入れます。台湾の昔ながらの素朴な暮らしを表現している食べ物です。

    閉じる
  • 油飯(台湾風おこわ)
    油飯(台湾風おこわ)
    open
    油飯(台湾風おこわ)

    これは男子が誕生した際のお祝いの贈り物となります。子供が満一ヶ月を迎えた際、油飯を親友たちに配り、誕生の喜びを分かち合います。

    閉じる
  • 筒仔米糕(筒に入ったおこわ)
    筒仔米糕(筒に入ったおこわ)
    open
    筒仔米糕(筒に入ったおこわ)

    これはもち米、干し蝦、揚げたエシャロット、豚の後ろ足の肉などを小さな筒の中に入れて蒸したものです。食べる際にはお皿の上にひっくり返し、甘辛いソースをかけ、香菜(パクチー)をのせていただきます。

    閉じる
  • 羊肉爐(羊肉の鍋)
    羊肉爐(羊肉の鍋)
    open
    羊肉爐(羊肉の鍋)

    これは辛くて濃いスープとあっさりとしたスープとに分かれます。主な食材は羊のブロック肉、または皮付きの羊肉で、これを生薬をベースにしたスープで煮込みます。身体全身が温まり、栄養補給できる一品です。

    閉じる
  • 棺材板
    棺材板
    open
    棺材板

    台南名物のこの料理は、揚げた食パンの中をくり抜いて鶏肉やエビ、人参、ジャガイモが入ったクリームシチューを入れ、さらにパンで蓋をしたものを指します。「棺材」とは棺おけのことで形状からその名が付けられました。

    閉じる
  • 鼎邊銼
    鼎邊銼
    open
    鼎邊銼

    これは在来米を研いで液状にしたものを鍋のふちにぐるりと貼り付け、蒸し焼きにした米製品です。通常は蝦のとろみスープや肉のとろみスープに入れて食べます。具材が豊富で、香りも味も豊かな一品です。

    閉じる
  • 牛肉麺
    牛肉麺
    open
    牛肉麺

    ピリ辛の豆板醤を炒めた後、牛肉と水、その他の食材を加えて煮込み、牛肉スープを作ります。ここに麺を入れると、「紅焼牛肉麵」ができあがります。これは台湾独自の作り方です。香港では牛肉麵に牛ホルモンを入れます。また、潮洲牛肉麵は味も色も薄めのスープが特色です。蘭州ラーメンは濃厚なスープで、肉とスープを分けて煮ています。

     

    閉じる
  • 土魠魚羹(鰆のとろみスープ)
    土魠魚羹(鰆のとろみスープ)
    open
    土魠魚羹(鰆のとろみスープ)

    新鮮な鰆の塊を油で黄金色に揚げ、甘くて濃いとろみスープの中に入れます。鰆の旨味がスープに滲み出ており、グルメの舌を満足させる一品となっています。

    閉じる
  • 肉圓
    肉圓
    open
    肉圓

    肉圓(バーワン)で有名な地域は彰化と新竹です。肉圓はサツマイモのデンプン粉や米の粉、片栗粉などを水で溶いて作った皮に、豚肉やシイタケ、竹の子などを詰めたもので、弾力のあるモチモチの皮に濃い味付けの具が絶妙な味を生み出しています。

    閉じる
  • 潤餅(台湾風クレープ)
    潤餅(台湾風クレープ)
    open
    潤餅(台湾風クレープ)

    作りたての薄くて弾力性のある生地にさまざまな餡を包みます。シャキシャキとしたキャベツやもやし、ニンジンの細切り、煮豚など。さらに大量の甘いピーナッツ粉をかけ、多くの人たちに好まれる味となっています。

    閉じる
  • 大腸麵線(ターツァンミエンシエン)
    大腸麵線(ターツァンミエンシエン)
    open
    大腸麵線(ターツァンミエンシエン)

    新鮮な牡蠣と細い「紅麺」を使った汁麺です。煮てものびにくく、コシのある紅麺をスープで煮た後、片栗粉でとろみをつけます。それに湯通ししたカキと醤油で煮込んだ豚のホルモンをのせ、最後に黒酢や特製の調味料、香菜をちらします。

    閉じる
  • 刈包(虎咬豬)
    刈包(虎咬豬)
    open
    刈包(虎咬豬)

    もとは中国の尾牙(忘年会)で食べられる伝統的な点心(おやつ)でしたが、今では台湾の夜市で一般的に見られます。フワフワの蒸しパンにしょうゆ味で煮込んだ豚肉や酸菜(高菜漬け)、ピーナッツの粉、香菜をはさんだもので、いわば中華式ハンバーグです。

    閉じる
  • 生煎包(焼き小籠包)
    生煎包(焼き小籠包)
    open
    生煎包(焼き小籠包)

    台湾のナイトマーケット(夜市)でよく目にするスナックです。餡には韮、またはキャベツに、干しエビ、春雨などの具材を加えています。軟らかくてジューシーな餡とパリッとした生地が絶妙で、一口食べると中から肉汁が溢れ出きます。しっかりとした味わいのスナックです。

    閉じる
  • 臭豆腐(発酵させた豆腐)
    臭豆腐(発酵させた豆腐)
    open
    臭豆腐(発酵させた豆腐)

    臭ければ臭いほど美味しいといわれるのは臭豆腐だけでしょう。ひとたび慣れればやみつきになるのも臭豆腐です。発酵させた豆腐をカリカリの黄金色になるまで揚げて四つ切りにします。甘酸っぱいキャベツの漬物と一緒に食べれば、意外にあっさり。サクッとした外側と中の柔らかい豆腐は絶妙な味です。

    閉じる
  • 鶏排(チキンステーキ)
    鶏排(チキンステーキ)
    open
    鶏排(チキンステーキ)

    これは台湾で人気のある国民食の一つです。独自に調合したタレに漬けた鶏肉に粉をまぶし、油を入れた鍋で黄金色に揚げます。さらに、これを炭火で焼くこともあります。外側はサクッとした食感で、中からは香りのよい肉汁が溢れ出てきます。一口食べるだけで美味しさが口全体に広がります。

    閉じる
  • 胡椒餅(フーチャオピン)
    胡椒餅(フーチャオピン)
    open
    胡椒餅(フーチャオピン)

    手作りの生地に豚肉と長ネギの餡をたっぷりと包み、さらに大量の胡椒と香料をふりかけます。生地の外側にはゴマをまぶし、釜の内側の壁に貼り付けていきます。アツアツの胡椒餅はサクサクとした食感で、食べると中から肉汁が溢れ出てきます。胡椒の香りが効いた葱がたっぷり入った豚肉餡はたまらない美味しさです。

    閉じる
  • 蚵仔煎(オーアーチェン)
    蚵仔煎(オーアーチェン)
    open
    蚵仔煎(オーアーチェン)

    蚵仔煎(オアチェン)とは台湾の代表的な夜市小吃で、牡蠣(カキ)入りのオムレツを指します。油を敷いた熱い平鍋に新鮮なカキをのせ、その上に水で溶いた片栗粉とサツマイモの粉を流します。次に溶き卵と野菜をのせて、強火で焼けば出来上がり。。特製の甘酸っぱいタレをかけると一段と美味しくいただけます。

    閉じる
  • 蔥抓餅
    蔥抓餅
    open
    蔥抓餅

    葱油餅(ネギ入り台湾風クレープ)には以下のような由来があります。かつての台湾社会はほとんどの家庭が農業に従事していました。そんな中、農夫たちに愛されていた軽食が「葱油餅」でした。ネギは台湾ではどこでも手に入る農作物であり、農家の人々は田畑で休憩する時に愛妻の手作り「葱油餅」を食べていたと言います。現在、台湾で最も有名な葱油餅と言えば「三星葱油餅」が挙げられます。宜蘭県の三星郷は、弱酸性の土壌をもち、工場汚染がなく、昼と夜の気温差が大きい土地として知られています。ネギは湿気があるところを好み、水気を嫌います。三星の表土の下には石が埋められており、隙間が大きいため、排水が良好です。このため、青ネギもゆっくり生長し、品質が優れています。「三星青葱」は肉厚の葉をもち、白くて長く、かつ繊維質が少ないのが特徴です。三星青葱で作った「葱油餅」は、葱本来の甘みが感じられ、小麦粉の香りを十分に味わえます。

    閉じる
  • 鹽酥鶏
    鹽酥鶏
    open
    鹽酥鶏

    骨なし、または細い骨の付いた鶏肉の塊を用います。小さいブロックにカットしたものをタレに漬け込み、粉をまぶし、油を敷いた鍋で揚げます。最後に、塩コショウや唐辛子パウダーをふりかけると、美味しいスナックができ上がります。塩コショウと唐辛子パウダーなどの調味料以外に、多くの店が独自のタレを研究開発しています。

    閉じる
  • 焼きトウモロコシ
    焼きトウモロコシ
    open
    焼きトウモロコシ

    特製タレを付けたトウモロコシをじっくりと焼き、タレを染み込ませます。こうして甘くて香りのよい独特な味が作られます。タレは何種類かあり、お好みで選べます。

    閉じる
  • 鹽水鶏
    鹽水鶏
    open
    鹽水鶏

    鶏肉をブロック状にカットし、さまざまな野菜と組み合わせ、上からタレ、胡椒、ニンニクペーストをかけます。最後に葱とショウガの千切りを加えてかき混ぜます。新鮮な鶏肉は弾力性に富み、さっぱりとして油っこくないのが特色です。

    閉じる
  • 炒米粉(チャオミーフェン)
    炒米粉(チャオミーフェン)
    open
    炒米粉(チャオミーフェン)

    十分な日照時間と強い風に恵まれた新竹産のビーフンが有名。茹でても弾力があり、干し蝦のダシの風味が香りつるつるしたビーフンは日本人の口にも合います。

    閉じる
  • 排骨飯(パイグーファン)
    排骨飯(パイグーファン)
    open
    排骨飯(パイグーファン)

    骨付き豚肉を揚げただけのものと煮汁につけたものがある。タケノコや高菜を添えて白飯とともに食します。 

    閉じる
  • 鐵路便當(ティエルービェンダン)
    鐵路便當(ティエルービェンダン)
    open
    鐵路便當(ティエルービェンダン)

    台湾鉄道台北駅構内や各地台鉄駅によってホームや車内販売されている駅弁。エリアによって地方オリジナル駅弁もあります。鉄道の旅のお供にぜひどうぞ。

    閉じる
  • 台湾式朝ごはん
    台湾式朝ごはん
    open
    台湾式朝ごはん

     豆乳や揚げパン、チーズなどトッピングが選べる台湾式クレープなど、地元台湾式朝ごはんはボリュームたっぷりです。

    閉じる
トップ 前のページ