メインコンテンツへ飛ぶ

南港茶葉示範廠

台北市旅行スポット

情報

電話番号:
+886-2-27868374
所在地:
台北市南港区旧庄街二段336号
経度/緯度:
121.66400/25.027401

話題タグ

南港区を代表する茶は「包種茶」です。包種茶は今から150年ほど前、福建人王羲程が中国武夷岩茶の製法をまねて安溪茶を製造したのが始まりです。製造された茶を四角い福建紙で包み、さらに、長方形の四方包に入れて、上から茶名と店名のはんを押したところから「包種」の名がつきました。南港包種茶は半発酵茶で、茶葉の色は濃い緑をしていて、香り高いのが特色です。

舊庄街二段沿いには模範農家がたくさんあります。台北市政府建設局は南港包種茶の製造レベルを上げるために、舊庄地區南港茶葉模範製造場の建設を始め、正式にその使用が始まりました。面積は約2.9ヘクタールです。内部には茶葉製造機具の展示コーナーや賞味コーナー、資料室などがあり、その外には展望台があり景色を楽しむことができます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
公共交通機関:

MRTに乗車、「昆陽駅」下車。斜め向かいから「小5」バスに乗り換えて、「南港茶葉示範廠」下車。

最終更新日時: 2019-09-03

周辺情報

トップ 前のページ