メインコンテンツへ飛ぶ

2022台湾ランタンフェスティバル

国際
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 2022メインランタン  年度:2022  写真提供:交通部観光局
  • メインランタン「乗風逐光」  年度:2021  写真提供:交通部観光局
  • 今回のメインランタンは新竹ご当地の竹工芸をイメージし、108本の竹と機械工芸を組み合わせ、ランタンの光が躍動する中、風のリズムが表現されています。  年度:2021  写真提供:交通部観光局
  • サブランタン「竹鵲松風迎春曦」  年度:2021  写真提供:交通部観光局
  • サブランタン「犢站金榜」  年度:2021  写真提供:交通部観光局
  • 迎賓門「吉光片羽」  年度:2021  写真提供:交通部観光局
  • 伝統芸術ランタンエリア  年度:2021  写真提供:交通部観光局
  • 動物スターライト・ランタンエリア  年度:2021  写真提供:交通部観光局
  • 懐かしのタイムスリップ・ランタンエリア  年度:2021  写真提供:交通部観光局

交通部観光局では台湾旅行のイメージを世界に広くアピールするため、また、より多くの外国人旅行者に台湾旅行に興味をもってもらうため、さらに観光による外貨収入をアップさせるため、「民俗文化の根、伝統と国際化」といった理念に基づいて台湾ランタンフェスティバルを開催しています。元宵節にランタンを持つのは、元々伝統的な民俗行事の一つでした。これが会場となる場所の風土とハイテクノロジーと融合した結果、今では国際的な観光イベントとして盛り上がりを見せています。メインランタンの演出は何にも勝る美しさです。さらに、会場では国内外の民俗団体やパフォーマンス・チームが素晴らしい公演を次々と繰り広げ、海外からの賓客や旅行者たちに好評を博しています。2007年にはアメリカのディスカバリー・チャンネルのディレクターが台湾を訪れ、台湾ランタンフェスティバルの元宵節イベントに参加しました。この番組では「台湾ランタンフェスティバルはすでに世界水準に達しており、世界に向けてアピールする価値があるイベント」と評価しました。「世界でもっとも素晴らしい祭典の一つ」に選ばれ、フェスティバルを記録するため、撮影チームが招かれ、1時間の関連番組が製作されました。全世界で放映されたため、台湾ランタンフェスティバルのきらめく魅力を世界中の人たちにアピールすることができました。

「2022年台湾ランタンフェスティバル」は「伝統とイノベーションを越えて」というコンセプトで企画されています。伝統的なランタンアートに異なるジャンルのアート、ハイテクを取り入れ、工芸家や芸術家が創意を発揮できる選択肢を広げたことで、ランタンフェスティバルは国内外の工芸家や芸術家、ランタン職人が創作の幅を広げられる場となり、来場者がランタン作品と触れ合い、新たな体験ができる場を創り出しています。伝統的なランタン製作技術が伝承されているだけでなく、新しいアイデアによってこれまでにない要素が盛り込まれ、「伝統」と「現代」の融合により、伝統的な民俗行事を奥深いものにし、中華圏では個性的な元宵節イベントとなりました。

  • 愛河湾展示エリアと衛武営展示エリア-地方エリア 2/1-2/28
  • 衛武営展示エリア-中央エリア 2/15-2/28

ツアー

最終更新日時: 2022-01-20
トップ 前のページ