メインコンテンツへ飛ぶ

2022宜蘭緑色博覽会(宜蘭緑の博覧会)

国際
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • ホープキャッスルテーマパビリオン  年度:2021  写真提供:宜蘭県政府
  • クジラの鳴き声回廊  年度:2021  撮影者:林育德  写真提供:宜蘭県政府
  • 農業実験学校  年度:2021  撮影者:林育德  写真提供:宜蘭県政府
  • ホープキャッスルテーマパビリオンの入り口  年度:2021  撮影者:林育德  写真提供:宜蘭県政府
  • インスタレーション  年度:2021  撮影者:林育德  写真提供:宜蘭県政府
  • ドン・キホーテパスエリア  年度:2021  撮影者:林育德  写真提供:宜蘭県政府
  • ドリームナイト-ステージ  年度:2021  撮影者:林育德  写真提供:宜蘭県政府
Googleカレンダーに追加
イベント時間:
2022-03-26~2022-05-08
主催者:
宜蘭県政府
所在地:
宜蘭県 冬山郷 冬山河生態緑舟

宜蘭緑色博覧会は2000年に初めて開催されました。初めの頃はエコライフや生態保護、環境に優しい農業などを主軸としたイベントで、テーマのコンセプトに基づいた展示や屋外学習、レジャーや娯楽を通して、緑滴る田んぼや鬱蒼とした緑の林、山・海・湖・河の生態などに対する環境保護の概念を伝えていました。宜蘭らしいのんびりとした緑豊かな土地をバックグランドにしたイベントでしたが、20年あまりの間にエコライフに対する憧れと実践が数多く蓄積されたため、文化芸術展示と融合させ、園芸花弁のランドスケープを創造し、環境保護の生態教育に根付いた農業、漁業の産業構造の転換とレベルアップをサポートしています。これにより観光レジャーブームと地方経済の発展を促進し、全国で催される数多くのテーマイベントの中でも独自のスタイルを築き上げています。宜蘭県における春の著名な環境教育に関する大型イベントとなっています。

ツアー

最終更新日時: 2022-03-16
トップ 前のページ