メインコンテンツへ飛ぶ
menu 検索

2020台北国際書展(台北国際ブックフェア)

国際
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 主題国館-ドイツ  年度:2019
  • 展示場の俯瞰図  年度:2019
  • 蕭敬騰座談会  年度:2019
  • 賑やかな展示場  年度:2016
  • 張愛玲特別展  年度:2016
  • 張愛玲特別展-一心戲劇團  年度:2016
  • 張愛玲特別展-絵葉書  年度:2016
  • キュレーターの張曼娟によるガイド案内  年度:2016
  • 入口  年度:2016
  • 国立大学出版社グループ展  年度:2016
  • 書展大賞館  年度:2016
  • ハンガリーのバンドパフォーマンス  年度:2016
  • メイン講座  年度:2016
  • 白先勇講座と大勢の聴衆  年度:2016
  • アンドレイ・サプコフスキ《ウィッチャー》  年度:2016

 

毎年、台北国際書展(台北国際ブックフェア)は異なるテーマで開催し、人々を魅惑の読書世界に誘っています。台北国際書展(台北国際ブックフェア)では各国が順番でテーマを担当し、それぞれの国の出版社を招いています。このため、会場は異なる文化背景をもつ人たちが交流する場にもなっています。2017年からは文化部が会期を延長させ、会場の雰囲気を一新させました。出版分野を強化し、会場費用を下げる措置などを行ない、作者と読者が互いに交流できることを促進しています。ブックフェアに参加される方は、書籍購入だけでなく、知識と文化を交流させる愉しみを享受しています。

 

ツアー

最終更新日時: 2020-02-27
トップ 前のページ