メインコンテンツへ飛ぶ

2019高雄戦獅甲

2019/11/16-2019/11/17
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
清代乾隆年間、「広済宮」が信仰の中心で、住民は廟のお祭りに合わせて宋江陣を結成しました。宋江陣の陣前には獅子が必ずいて、出陣前に舞獅(獅子舞)が行われます。前鎮地区代表の舞獅技芸と宋江の勢いは他の地区よりも群を抜いていて、誰もかないませんでした。これが長く受け継がれ、「戲獅甲等」という名誉を獲得しました。農業の合間に行っていた娯楽で、箕を獅子の頭に見立てた俗に言う「畚箕獅」が特有の「戲獅文化」を形成しました。1935年、地名から「戲獅甲」と正式に名付けられました。前鎮区は広済宮を中心に市政府が進める「一区一特色」に取り組み、2004年、2005年に「獅王大会」を開催しています。