メインコンテンツへ飛ぶ

2019台北国際芸術博覧会

2019/10/18-2019/10/21
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
台北国際芸術博覧会は、2009年に初めて開催されました。台湾初のホテル型芸術博覧会であり、45歳以下の若手アーティスト作品を集めたアジア地区初の個性的な博覧会となっています。台北国際芸術博覧会は、「若さ、精緻、新銳」をコンセプトに掲げ、より明確なマーケットの位置づけをして、毎年世界から優秀な作品を集めています。アジア芸術交流のプラットホームとして、台湾における芸術の市場拡大を目指しています。過去において、1997年のアジア通貨危機や2008年の世界を震撼させた金融危機など、金融不安が深刻化しましたが、台北国際芸術博覧会は、終始一貫揺るぎなく行われてきました。確かな国際的地位を築き、各画廊やアジアの有力コレクター、ギャラリ-、メディアにとって、パイプラインの役割を担っています。2012年に出展されたギャラリーは、60軒を超え、台湾、オーストラリア、アメリカ、中国、日本、韓国、シンガポール、香港、マカオなど、国内外から有名な画廊が一同に会しました。成立した売買契約の金額は、US$138万ドル、取引数623点という最多記録を残しました。そのため台北国際芸術博覧会は、各界から高い評価を受けました。今後は更に、豊さと多元性を打ち出して、境界を突破するような、異なる国から異なるジャンルの優秀作品を集めて、若手アーティストを発掘し、出展するギャラリーやキュレーター、芸術家、コレクター、参観者に精緻な芸術交流のプラットホームを提供していけるよう努力していきたいと思っています。次回もまた新たなマイルストーンが築かれます。どうぞご期待下さい。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
タイプ:
国際
リンク:
2019台北国際芸術博覧会 観光関連リンク
主催者:
社団法人畫廊協会
旅行ルートを計画:

おすすめのコース