メインコンテンツへ飛ぶ

2019秀姑巒溪ラフティング観光イベント

国際
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 秀姑巒溪ラフティング
  • 激流地点での選手-大会進行
  • 秀姑巒溪ラフティング観光イベント
  • ラフティングボート
  • 金剛大道
  • 秀姑巒渓ビジターセンター
  • 長虹橋
イベント時間:
2019-06-16
主催者:
交通部観光局東部海岸国家風景区管理処
所在地:
花蓮県 瑞穗郷 中山路三段215号

秀姑巒溪は、中央山脈を源流として、花東縱谷を沿って北へ流れ、瑞穗郷で東へ曲がり、海岸山脈を横断した後、大港口で太平洋へと流れています。河の長さは約104kmで、台湾東部最大を誇り、台湾で唯一、海岸山脈を通り抜ける河でもあります。秀姑巒溪の下流、瑞穗から大港口段の秀姑巒溪峽谷までは、20ヶ所の激流ポイントがあります。この辺りは、険しい浜地と雄大な峽谷がずらりと並び、奇岩が林立しているので、景観は素晴らしく、台湾一の人気を誇るラフティングスポットとなっています。秀姑巒溪ラフティング観光イベントは、瑞穗大橋からスタートします。始めはいくつかの激流を通過しますが、奇美吊り橋を通り過ぎた後は、更にスリル満点の激流ポイントが迎えてくれます。ここまでが第一関門で、コースの所要時間は、2時間ぐらいです。その後は、奇美で休憩を取り、先ほどとは異なる峽谷を楽しみます。この辺りの水域は深く速く、渦潮と急流を伴いますので、これぞ、ラフティングの醍醐味と感じることでしょう。長虹橋が見えてくると、河幅も大きくなって勾配も平坦になってきます。長虹橋と「秀姑漱玉」が織り成す景色に見とれているうちにこのラフティングの旅が終わります。秀姑巒溪ラフティングのコース距離は、約24kmで、3~4時間ほどのコースです。ここでは、一年を通してラフティングが楽しめますが、4月~10月の期間が最も適したシーズンです。通常は、午前7時から12時の間にスタートします。(午後のスタートは少ないので、ご注意ください。)15時以降のスタートは禁止されています。2010年からは、ラフティング生態の旅に加えて、サイクリングやマラソンなど極限に挑むスポーツを織り込んで、一味違うラフティングイベントも開催しています。新鮮な感覚と体力への挑戦が味わえるイベントにどうぞご期待下さい。刺激を求めるあなたを満足させるのは、夏の花蓮秀姑巒溪です。

最終更新日時: 2019-11-07

ツアー

トップ 前のページ