メインコンテンツへ飛ぶ

2019鹿港の端午祝い

2019/05/11-2019/06/09
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
「鹿港の端午祝い」は、台湾の十二大祭りの一つに挙げられるイベントです。伝統的なドラゴンボートレースのほか、レース前に行われる「迎龍王」(龍王祭とも呼ばれる)セレモニーでも、鹿港ならではの伝統文化に触れることができます。龍山寺に祀られている「龍王尊神」は、航海の守り神で、天后宮の「水仙尊王」は、水域を管理する神様です。言い伝えによると、端午節の「迎龍王」は、中国福建省の泉州から伝わったそうです。その昔、季節の変わり目である旧暦の5月は、病気にかかりやすく亡くなる人が多かったことから、「毒月」と呼ばれていました。人々は、病気や災厄を除けるため、迎龍王が民間行事として根付くようになったそうです。現在に至ってもこの伝統を守り続けているのは全国で鹿港しかなく、大変貴重な行事となっています。毎年ドラゴンレース前に、龍山寺の「龍王尊神」や天后宮の「水仙尊王」に参拝して、すべての行事の無事と成功を祈ります。鹿港の端午祝いでは、端午節に係わる民俗的な行事や鹿港の特色を織り込んだ「民俗祭り巡礼」が開催され、伝統に斬新さを取り入れた豊富な内容で、鹿港の伝統と活力をお伝えしています。鹿港には、文化薫る古跡やこの地ならではの美食もいっぱいあります。どうぞ皆様も鹿港の魅力に触れてみてください。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
タイプ:
国際
リンク:
2019鹿港の端午祝い 観光関連リンク
主催者:
彰化県政府
旅行ルートを計画:

おすすめのコース