メインコンテンツへ飛ぶ

2019福隆国際サンドアートフェスティバル

国際
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 高さ13メートルの砂でできた城-歴年で最も高い
  • 砂の彫刻のテーマ「アトランティスを見つけるために町を横断する」
  • 国際大会一位-彫刻家:中国劉洋
  • 国際大会二位-彫刻家:中国張作
  • 国際大会三位-彫刻家:台湾周聖強
  • 国際大会-彫刻家:韓国Daeyoung Ji
  • 国内大会一位-彫刻家:呂佳雯
  • 入口イメージ
  • 女神
  • 小さなカエル
  • 文明の進化
  • 生命の出口
  • 逆さまの町
  • 国際大会一位-比利時人彫刻家のIrina-Sokolova「霊感」
  • 国際大会二位-日本人彫刻家の保坂俊彦「鏡の中の花園」
  • 国際大会三位-中国人彫刻家の王杰「国色天香」
  • 国内大会一位
  • 国内大会二位
  • 国内大会三位
イベント時間:
2019-04-19~2019-08-25
主催者:
交通部観光局東北角及び宜蘭海岸国家風景区管理処
所在地:
新北市 貢寮区 福隆街40号

砂の彫刻は、彫刻、文化、絵画、建築、体育、娯楽が一体となった国際アートと言えるでしょう。会場には、衝撃性、真実性、参加性、エコ性…があふれ、旅行客を魅了するイベントとなっています。台湾には、豊富な観光資源が整っていますが、北から南までは、福隆、翡翠湾、沙崙、墾丁、崎頂、杉原などの魅力的な海水浴場がたくさんあります。特に東北角塩寮から福隆まで3kmほど続く砂浜の砂質は、石英砂という細かくて白い砂で、感触がよく、水に濡れると粘り気が出ます。このため、世界サンドアート協会から国内でサンドアートに最も適しているビーチであるとの認定を受けました。「福隆国際砂の彫刻芸術シーズン」は、台湾におけるサンドアートの発展と砂による芸術創作の空間を提供するために行われています。最近では、台湾のサンドアートが評価され、少しずつ芽を出しています。また毎年、国内外からたくさんのアーティストが参加し作品づくりに取り組んでいます。是非、福隆国際砂の芸術シーズンで台湾の活力と情熱を感じとってください。

最終更新日時: 2019-09-25

ツアー

トップ 前のページ