メインコンテンツへ飛ぶ

2019大甲媽祖国際観光文化節

2019年開催日未定
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
媽祖巡礼祭りは、台湾の民俗文化で最も重要な行事であり、最多の参加者を誇っています。「台中大甲媽祖国際観光フェスティバル」は、2004年台中市政府が信仰、武芸、戲曲、産業、芸術、観光、学術の7つの文化を主軸として、地元における観光、宗教、芸術、学術、産業方面の向上を図り、国際的な発展を目指して、各種様々な演出や交流を行っています。大甲の媽祖巡礼は、毎年元宵節(旧暦正月15日)に、その年の巡礼出発の日時が決められますので、開催日は固定されていません。九日間かけて行われる活動には、祈安(祈る)、上轎(鎮瀾宮に祀られている媽祖の神様を神輿に載せる)、起駕(神輿を担いで巡礼をする)、駐駕(各地の廟を訪れる)、祈福(福を祈る)、祝寿(長寿を祈る)、回駕(大甲鎮瀾宮に戻る)、安座(神様を安置する)という八つの儀式があります。それぞれが順番や時間、場所に至るまで、しきたりに基づいて、厳かに催されます。

交通情報

交通情報は変更されることがあります。お出かけ前のご確認を忘れずに。
タイプ:
国際
主催者:
財團法人大甲鎮瀾宮
旅行ルートを計画:

おすすめのコース