メインコンテンツへ飛ぶ

2019客家桐の花祭り

国際
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 客家桐の花祭り
  • 桐の花
  • 客家桐の花祭り
  • 油桐花坊
イベント時間:
2019-03-30~2019-05-12
主催者:
客家委員会
リンク:
2019客家桐の花祭り_観光関連リンク
所在地:
基隆市 暖暖区 暖暖東勢坑産業歩道基隆市 七堵区 七堵瑪陵坑富民親水步道新北市 深坑区 萬福生態公園/阿柔里公館後歩道新北市 石碇区 風露嘴の桐花歩道新北市 瑞芳区 上天粗坑口歩道の石炭窯遺跡/四脚亭砲台新北市 新店区 二叭子植物園-親子小道新北市 土城区 桐花公園賞桐歩道新北市 土城区 承天禪歩道新北市 三芝区 三生歩道宜蘭県 礁溪郷 林美桐花石磐歩道宜蘭県 礁溪郷 五峰旗風景区宜蘭県 冬山郷 仁山植物園桃園市 龍潭区 桃園客家文化館桃園市 龍潭区 石門三坑サイクリング道路桃園市 龍潭区 小粗坑古道桃園市 龍潭区 挑擔古道桃園市 龍潭区 石門山温泉会館桃園市 龍潭区 三坑老街桃園市 龍潭区 龍潭聖蹟亭桃園市 龍潭区 打牛崎古道桃園市 楊梅区 東森山林桐花歩道桃園市 大溪区 大艽芎古道桃園市 大溪区 齋明寺古道桃園市 大溪区 大渓花海農場桃園市 大溪区 十一指古道桃園市 大溪区 大渓老街桃園市 大溪区 李騰芳旧宅新竹市 東区 十八尖山、高峰植物園の桐花歩道新竹県 湖口郷 仁和歩道新竹県 新埔鎮 巨埔有機休閒農場新竹県 新埔鎮 九芎湖步道群(霽月、九福、觀南步道)新竹県 關西鎮 馬武督探索森林新竹県 關西鎮 八寮古道新竹県 關西鎮 関西老街新竹県 關西鎮 渡南古道新竹県 關西鎮 石光古道新竹県 芎林郷 鹿寮坑賞桐歩道新竹県 寶山郷 迴龍歩道新竹県 寶山郷 宝山ダム新竹県 竹東鎮 竹東圳桐花歩道新竹県 竹東鎮 竹東市場新竹県 橫山郷 大山背人文生態館新竹県 橫山郷 大山背賞桐遊歩道: 茶亭古道、騎龍古道新竹県 橫山郷 牛路崎三叉埤古道新竹県 北埔郷 南埔村観音歩道新竹県 北埔郷 北埔老街新竹県 北埔郷 水磜歩道新竹県 峨眉郷 獅頭山風景区/獅頭山歩道群(六寮古道、獅山古道、藤坪歩道)新竹県 峨眉郷 歇心茶樓(カフェ)新竹県 峨眉郷 峨眉湖歩道新竹県 峨眉郷 十二寮休閒農業区 十二寮古道苗栗県 頭份市 鹿廚坑賞桐歩道苗栗県 頭份市 後花園桐花歩道苗栗県 三灣郷 永和山水庫歩道苗栗県 三灣郷 老銃櫃遊歩道苗栗県 三灣郷 龍騰断橋苗栗県 南庄郷 神棹山桐花雪徑苗栗県 南庄郷 蓬莱渓護魚歩道苗栗県 南庄郷 圓舞場歩道苗栗県 南庄郷 獅山古道苗栗県 南庄郷 小東河歩道苗栗県 獅潭郷 鳴鳳古道苗栗県 獅潭郷 紙湖古道苗栗県 獅潭郷 汶水老街苗栗県 通霄鎮 福至興臨地区苗栗県 通霄鎮 挑鹽古道苗栗県 苑裡鎮 華陶窯苗栗県 苗栗市 四角坪道苗栗県 造橋郷 剣潭古道苗栗県 造橋郷 香格里拉楽園苗栗県 頭屋郷 夢幻桐花歩道苗栗県 頭屋郷 水寨下古道苗栗県 公館郷 打鹿坑苗栗県 公館郷 出鉱坑古道苗栗県 公館郷 出関遊歩道苗栗県 公館郷 出雲古道苗栗県 大湖郷 大窩文史生態区歩道苗栗県 大湖郷 薑麻園/出関歩道苗栗県 銅鑼郷 銅鑼雙峰古道、樟樹社区慈恵堂苗栗県 銅鑼郷 天空サイクリング歩道苗栗県 銅鑼郷 臺灣客家文化館苗栗県 銅鑼郷 桐花楽活公園苗栗県 三義郷 三義水美街苗栗県 三義郷 四月雪賞桐歩道苗栗県 三義郷 西湖渡假村苗栗県 三義郷 挑炭古道苗栗県 三義郷 挑柴古道苗栗県 三義郷 外庄山桐花林道苗栗県 三義郷 小西湖歩道臺中市 霧峰区 中心瓏登山歩道臺中市 后里区 鳳凰山歩道(鳳凰山農場)臺中市 石岡区 東豊自行車緑廊(東豊自転車道)臺中市 石岡区 石岡土牛客家文化館臺中市 東勢区 東勢林場臺中市 東勢区 小中嵙遊歩道臺中市 外埔区 永豊里桐花歩道彰化県 彰化市 福田社区彰化県 彰化市 東外環賞桐歩道彰化県 彰化市 八卦山稜線步道彰化県 芬園郷 挑水古道彰化県 芬園郷 崎路仔歩道彰化県 芬園郷 就是愛荔枝楽園南投県 國姓郷 北港村二十粒路桐花歩道、三級古跡の糯米橋南投県 埔里鎮 牛耳芸術渡假村南投県 水里郷 益則坑桐花歩道南投県 魚池郷 生態油桐花歩道雲林県 古坑郷 古坑鄉荷苞桐花公園嘉義市 東区 圓林仔桐花歩道臺東県 鹿野郷 龍田桐花大道臺東県 鹿野郷 武陵・緑のトンネル花蓮県 花蓮市 美崙山公園歩道花蓮県 鳳林鎮 水源地花蓮県 瑞穗郷 富源環村サイクリング道路—興泉段花蓮県 卓溪郷 瓦拉米歩道

「客家・桐の花祭り」は客家人の質実剛健、質素倹約を美徳とする生活スタイルから生まれたもので、郷土の文化に育まれ、豊かな内容をもつ祭典となりました。

山一面のアブラギリはかつて客家人にとっての重要な作物で、地方に地場産業の契機をもたらしました。この樹は主に客家人が暮らす地域の山林で植えられていました。アブラギリの種子からは桐油を抽出することができ、木材は日用品を製作する材料となります。当時、台湾の物資環境は困窮しており、経済価値を生み出すアブラギリは、客家人にとって家計を助ける重要な財源となり、多くの人々を養っていました。このため、客家の人々はアブラギリと山林、そして自然に対し、特別な気持ちと心からの感謝の念を抱いています。

毎年、客家委員会は「客家・桐の花祭り」を催し、行楽客の皆様にお花見と客家集落めぐりを楽しんでもらっています。それだけでなく、山神を拝む盛大な儀式も伝承されています。この儀式を通じて、山林や大地に対し、感謝と崇拝の気持ちを表しています。また、客家の子弟に郷土文化の未来図を描いてもらいたいという願いも込められています。厳粛かつ清らかな気持ちで、天と地を敬い、熱心に人々の幸せを祈ります。さらには、自身のルーツを忘れず、何事であっても基礎を大切にすることを伝えています。現在、アブラギリの経済価値は以前ほどではありませんが、その花は美しい経済効果をもたらしています。客家委員会が主催する「桐の花祭り」は自然に感謝する祭典であり、単に開花を祝うだけのものではありません。

アブラギリは四季によって姿が異なります。4、5月は雪のような花が咲き誇り、夏には枝いっぱいに緑の葉をつけます。秋になると、黄色い枯れ葉が寂しげに落ちていき、冬には枯れ木となります。異なる季節に異なる姿を見せてくれるのです。これは何度も移住を繰り返してきた客家人と同じく、異なる環境で試練に耐えながらも自分らしさを忘れず、創造革新を続けていく姿を表しています。

最終更新日時: 2019-07-30

ツアー

トップ 前のページ