メインコンテンツへ飛ぶ

2019鷹揚八卦

国際
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
  • 八卦山のサシバ
  • 国立台湾交響楽団
  • インディアン楽団-精彩なパフォーマンス
  • 喔熊が合唱をリード
  • 傘のインスタレーションアート
  • フォルモサ3D映画
  • イベント開幕式
  • 舞台上での集合写真
  • タカ観賞台でサシバ観賞イベント
  • 八卦山-鷹観賞イベント開幕式
  • 生態小劇場
  • 八卦山脈生態ビジターセンターの解説
  • サシバのインスタレーションアート
  • 大仏風景区のサシバ
  • 八卦山-サイクリングイベント
  • 139線景観道路
イベント時間:
2019-03-16~2019-03-17
主催者:
参山国家风景区管理处、林務局南投林区管理处、彰化県政府、国立彰化生活美学館
所在地:
彰化県 彰化市 卦山路13之7号
毎年春になると、鷹の一種であるサシバが3月から4月にかけて越冬地から八卦山へと戻って来ます。サシバは台湾中部の人々から「南路鷹」や「清明鳥」と呼ばれ、サシバの長期的な保護に取り組む彰化県野鳥学会と関係者たちは「鷹」が「八卦」山を空高く飛「揚」するという意味を込めて、このイベントを「鷹揚八卦」と名付けました。長い間、経済と社会の進歩を測る指標としてGDPが国際的に認められてきましたが、近年では貧富の差の拡大や生態環境の破壊といった永続的な問題によって、国際機関や先進国はGDPによって国の福祉を測ることの限界に気づき、現在では「幸せの経済」の構築が新たな主流となりつつあります。鷹揚八卦では「人」と「自然」の調和のとれた関係の形成を新たな幸せの定義としています。また、国連は毎年5月22日を国際生物多様性の日として定め、生物多様性への関心と理解を呼びかけています。生物多様性を保護することで幸せなグリーン経済を推進し、人間と自然の万物との共存、森林の保護、環境品質の改善を実現し、環境にやさしい農業によって人々を健康にし、グリーン経済によって生物の多様性を育むことを目指しています。
最終更新日時: 2019-04-26

ツアー

トップ 前のページ