メインコンテンツへ飛ぶ

日月潭サイクリング花火音楽フェスティバル

2018/09/07-2018/11/18
この文字をクリックして、キーボード操作によるアルバム機能の説明を見る:
  • アップキー:写真選択を表示
  • ダウンキー:写真選択を非表示
  • レフトキー:前の写真へ
  • ライトキー:次の写真へ
  • ESCキー:アルバムを閉じる
日月潭には清朝初期から多くの詩人が訪れ、日月潭の美しい風景を歌に詠んでいました。日本統治時代には日本の皇太子の宿泊所として整えられ、台湾八景の一つにも数えられました。後に、蒋介石元総統が海外からの訪問客を迎える場所としても利用されました。現在も日月潭は台湾で最も有名な観光地として国内外で広く知られ、一年を通して観光客が絶えず、春は色とりどりの山桜、夏は山あいに立ち込める霧、秋は静かな風景、冬は真っ白な梅を楽しむことができます。さらに春から夏にかけてはホタル、夏から秋には蝶やカエル、原住民の豊年祭、秋には花火音楽フェスティバル、冬から春には桜と梅を眺めながら温泉を楽しむことができ、四季を通じて数々の文化イベントが催されます。毎年10月から11月に開催される「日月潭花火音楽フェスティバル」は、秋に日月潭を訪れる観光客にとっては見逃せない一大イベントです。文化と観光を融合させた一連のイベントが1ヶ月にわたって催され、「芸術・文化」と「スポーツ・レジャー」を体験できます。2000年に日月潭国家風景区管理処が設立されてからは、毎年花火イベントが催されており、2003年9月に第1回日月潭フェスティバルが開催されて以来、イベントの規模拡大に伴い5つの国と地域から花火チームが招かれて1ヶ月近くにわたる「国際水上花火大会」が大々的に開催されています。これによって日月潭花火大会の知名度が高まり、日月潭花火音楽フェスティバルの基礎が築かれました。現在では日月潭のサイクリングロードと国際花火音楽フェスティバルは海外でも知られ、イベント全体の企画や関連サービスの向上を目指して常に工夫と改善が続けられています。2017年には「COME!BIKEDAYサイクリングフェスティバル」と「花火音楽会」を主軸に「2017日月潭サイクリング花火音楽フェスティバル」と名前を改め、サイクリングイベントに音楽、芸術、花火、スポーツ、レジャー、産業文化などの地元の特色と伝統的な要素を取り入れ、「地元に基礎を置いて、世界に目を向ける」をコンセプトに、日月潭を「国際水準の文化的・芸術的リゾート地」とするための取り組みが行われています。